NHK朝ドラ あさが来た 第1週『小さな許嫁』感想あらすじ ネタバレ注意

NHK朝ドラ「あさが来た」1週 『小さな許嫁』
9月28日~10月3日放送)感想あらすじです。
※ネタバレもありますので注意。
あさが来た目次/あさが来た関連記事

スポンサーリンク

あさが来た 1週 『小さな許嫁』あらすじ概要

明治30年の4月。
日本初となる女子大学の入学式が
目白において開催されました。
壇上に上がったのは西洋の服を着て、
堂々たる姿で挨拶をする白岡あさ(波留)、51歳。

時は戻って、江戸時代末期。
京都随一の豪商である今井家の次女として生まれたのが今井あさでした。
今井家は両替屋(のちの銀行のこと)を営んでおり、
大きな力を持っていました。

あさは二つ上のはつ(宮崎あおい)と弟の久太郎の三きょうだい。
あさは礼儀作法などを厳しくしつけられていましたが
あさはお琴や生け花、裁縫などにはまったく興味を示さず、
凧あげや木登り、相撲などをこのんでいました。

注意されてもあさは女というだけでなぜおしとやかに
してなければならないのか疑問に思い、すぐに
「なんでどす?」と聞くのでした。

11歳になったあさは久太郎の部屋でそろばんを見つけ、
喜んで振っていましたが、父(升毅)に見つかり怒られてしまいます。
その姿をこっそり見ていたのがのちのあさの夫となる白岡新次郎(玉木宏)でした。

あさの祖父(林与一)はそんなあさの事を気にいっていて、
あさの理解者となるのでした。
翌年、あさとはつは嫁ぎ先に挨拶にいくことになります。

加野屋に訪れたあさ達はそこで新次郎に会います。
その後、はつの嫁ぎ先、山王寺屋にやってきました。
はつの結婚相手の惣兵衛(柄本佑)の態度に若干の不安を感じつつも
一行は京都に帰ります。

ある日あさは寺子屋で勉強をしているところを
父に見つかり、こっぴどく叱られます。
女が学問をすることを恥という父に反発するあさ。

押し入れに閉じ込められ、嫁に行きたくないという言葉を
聞いた新次郎は押し入れの隙間から赤いそろばんを手渡すのでした。

その後、はつとあさは本当は嫁ぎ先が逆であった事実を知ります。
もめている姿を見た当時の新次郎が、あさの事が好きだから
と言って、あさが嫁に来ることを承諾したのでした。

その事実を知り、あさは驚き、新次郎からの贈り物という
理由であさは算盤を持つことを許されたのでした。

スポンサーリンク

あさが来た 1週 『小さな許嫁』感想

※放送後に追記します。

あさが来た目次/あさが来た関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ