NHK朝ドラ「あさが来た」あさ子役 鈴木梨央ちゃんの経歴やインタビュー

NHK朝ドラ「あさが来た」でヒロインである今井あさの
子供時代を演じる鈴木梨央ちゃん。
彼女の経歴やインタビューなどの言葉をまとめました!
あさが来た目次/あさが来た関連記事

スポンサーリンク

今井あさ・子役 鈴木梨央ちゃん経歴

鈴木梨央ちゃんは2005年生まれの10歳。
最近生まれたばかりというイメージですね。
埼玉県の出身で、NHKでは何度か子役で登場しています。
大河ドラマ「八重の桜」も八重の少女時代を好演していました。

そのほかの出演ドラマは「Woman」「お兄ちゃんガチャ」
映画「リトルプリンセス星の王子さまとわたし」

スポンサーリンク

今井あさ・子役 鈴木梨央ちゃんインタビュー概要

あさは元気いっぱいの女の子だから、
表情は大きく、動きも大きく変化するように注意したのだそうです。
第3回で、五代才助と追いかけっこをした際は、
動きづらい着物で必死にジャンプしたり走り回ったそうです。
スタッフから大絶賛で、「もうアクション女優だね!」と
言われたことがすごく嬉しいと話していました。

あとは鈴木梨央ちゃんが注目してほしいところは
相撲を取るシーン。
もちろん相撲も初めてやった梨央ちゃんですが、
負けるもんかという気持ちで全力で取りましたとのこと。

「今振り返ると撮影では初めて挑戦することが多くて、
本当に楽しい現場でした。

第1週だけの登場ですが、元気でおてんばなあさちゃんが
新次郎さんと出会い、好きになって。

波留さん演じるあさが新次郎さんと結婚して、
どんな人生を歩んでいくのか。
私もすごく気になるので、放送を楽しみに見たいと思います」

とインタビューを結んでいます。

梨央ちゃんは波留さんと合わせるように、
役作りのためにわざわざ口元にほくろもつけたのだとか。

波留さんとの相性もばっちりで、
撮影現場で会った時、波留のおしとやかで
きれいだという印象だったと言っています。
ドラマの役とは真逆ですね。

そんな波留が時間の合間に算数ドリルをやっている梨央ちゃんに
話しかけてきたのだとか。

「そのドリル、私も小学生のときにやってたよ」
その言葉をキッカケに波留さんとよくおしゃべりするように
なったという梨央ちゃん。

たった1週間の放送ですが、ヒロインの子供時代は
残す印象はとても大きいです。
梨央ちゃんのびっくらポンな演技に注目したいですね。

ふゆ役の清原果耶がかわいい!演技の評判は?

あさが来た目次/あさが来た関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ