まれ 43話 4コマ漫画 感想あらすじ 池畑美南登場!修行は地道にコツコツ 前編

まれ 43話 感想 あらすじ

こんにちは!星野です!
弟くんは土屋太鳳ちゃんを見ると
「まれだ」といいます。
舌足らずなので「まれ」が「あれ」になってますが!

スポンサーリンク


まれ第8週43話の4コマ漫画です。
週の最初の話とあって登場人物も多く、
ネタに迷いましたが、能登のメンツを
ひさびさに描いてみました。

仮修行するようになったまれはここでも失敗の連続。
初キスも奪われて、ショックを受けることばかり…。
42話/まれ目次/44話

まれ第8週43話 感想あらすじ 大輔とまれのキスは警察騒ぎに


池畑大輔にキスされたまれは大騒ぎ。
酔っぱらった大輔はまるで意に介さず、
能登訛りのまれに興味津々。

ついには警察も浅井も陶子もやってきて
酔いつぶれた大輔を取り囲むのでした。

大輔が輪子の息子と知って衝撃を
受けるまれ。

警察に被害届を出すか聞かれるが、
天中殺の料理人、珍さんは彼女も
いい大人だからキスくらい初めてじゃないから
大問題ではないといいます。

歯を磨いていたまれはその言葉に
一瞬固まります。

まさか初めて…?という空気にまれは

「まさか…キスくらい?」と空笑い。

夜中に目が覚めるくらいうなされるまれ。
みのりの飼っている犬のゴンタに
舐められたと思えば、と考えますが、
どうしても大輔の顔が頭に浮かぶのでした。

ホントならまれくらい可愛い子だったら
19年も独り身はあり得ないですが、
物語の中の真実ですね(笑)

スポンサーリンク


大輔の妹、池畑美南登場!


まれは朝早くマシェリ・シュ・シュに出向き、
店の掃除や洗い物、荷物運びなど雑用を
こなしていきます。

重い荷物を運ぼうとしたその時、
手伝いにきた女の子がいます。
彼女は池畑美南で、昨日キスされた大輔の
妹でした。

これで横浜編がまた華やかになりましたね!
能登はみのりや一子がいましたが、こっちに
来てから華やかさが足りなかったので。
(陶子さんは何かちがう(笑)

クリスマスの時期にフロアーを手伝って
いるのだといいます。
クリスマスと言う言葉に心ときめくまれ。
すかさず陶子が何ワクワクしてるのよ、と
ツッコミが入ります。

まれ、失敗続きの接客


まれと美南は準備をしています。
きっちりメイクをしている美南。
まれが出ていこうとすると、メイクが
薄くないかといわれます。
接客業だし、もうちょっと華やかな
方がいいよ、とアドバイス。

美南は自分のメイク道具を貸して
去っていきました。

残されたまれは、ビューラーを見て、
どうつかうのか頭に疑問が浮かんでいるのでした。

そして開店。
店に並んでいるお客。
店を開けたまれの顔をみて、美南は
ぎょっとします。
そこには舞台メイクのような濃いメイクを
したまれが。
どうやら本当に初メイクだったようです。

焦るまれはケーキを落としたり、名前を
間違えたりてんやわんや。

落としたケーキは4250円分にものぼり、
案の定陶子に大目玉をくらいます。

お店の信頼の損失を責められるまれ。
お渡し忘れのケーキもあり、すぐに
届けに行こうとします。

みのりと高志の電話


みのりと高志が電話しています。
みのりはまれの様子を聞いています。
高志、電話できるんですね(笑)
しかも、会話通じてるし(笑)

しゃべってなくても、身振り手振りで
話の内容がわかるという場合もありますが、
電話だと完全に相手見えてませんからね。
みのりの翻訳能力がすごすぎますよ。

高志の様子を察知したのか、みのりは
何か隠してることに気づきます。

高志はみのりにまれがキスした
(された)ことを伝えます。
しゃべってはないですけど(笑)

「キス!?」
みのりもびっくりして驚きの声をあげます。

能登メンツで一番達観していて
未来予想もある程度できそうな
みのりですら、あのまれがキスしたという
状況は衝撃的だったようです。
みのりに伝わったという事は当然…!
43話後編はコチラ/42話/まれ目次/44話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ