まれ 49話 感想あらすじ 一子とまれの喧嘩!能登は大騒ぎ 前編

まれ 49話 感想 あらすじ

こんにちは!星野です。
今日は振替休日なので出かけています。
48話/まれ目次/50話

スポンサーリンク


能登に帰ってきたまれ。
再会を懐かしむも能登は大荒れになっていました。

まれ 49話 感想あらすじ 徹と藍子が離婚する理由は!?


大悟の店の採用がダメになったまれは
能登に帰ってきました。

元治や文、再会を喜ぶまれ。
いつも通りの藍子と徹にまれは
離婚の事はどうなったのかと
思いますが、一徹はあれは演技だといいます。
まれは藍子と徹が離婚騒ぎになった
原因を聞きます。

年忘れパーティで起きた出来事を
文や一徹がセリフ付きで披露。
藍子は本当に本心から徹が能登に
骨をうずめたいと思っているわけじゃ
ないことに気づいていました。

だからこそ、無理して夢をあきらめようと
している徹が許せなかった。
本当はでっかい夢を追いかけたいのに、
家族の為にと我慢している。
そうさせてしまったのは自分のせい
もあるという事もわかっているでしょうね。

だからこそ、徹だけでなく、自分も
許せないのでしょう。

年忘れパーティは徹VS藍子だけでなく、
藍子の味方をする久美とはる、
徹の味方をする浩一と真人の嫁VS旦那
の戦いに。

ついに藍子は徹と離婚すると口にします。
そうすれば好きなだけ夢を追えると。
文は藍子の離婚はおそらく本気だろうと
いいます。

部屋を追い出された徹は荷物置き場へと
自分の持ち物を移動させます。
がっくりと落ち込んでしまう徹。

まれと圭太を巡っての四角関係


まれはかつてのバイト先、みんなの溜まり場に
やってきます。

まれ、一子、洋一郎が集まっていました。
みのりと抱き合って再会を喜ぶまれ。
一子もおかえりと迎えますが、テンションが
低い一子。どう考えてもまれに思う所が
ありそうです。
クリスマスの一件もありましたしね。

飲物をだす洋一郎の顔が傷だらけなことに
きづき、まれはどうしたのか聞きます。

その時、自転車に乗った圭太がやってきます。
まれに帰ってきたのかときく圭太。
圭太の顔も傷だらけなことに気づき、
まれは二人してどうしたのか聞きます。

喧嘩をしたという二人に、まれは原因を
聞きますが、当然答えられません。
まれが喧嘩の原因だなんて言えるはずもなく(笑)

帰る!と立ち上がる一子に圭太は自分は
修行中に寄っただけだと言いのこし、
去っていきます。

その姿を見て洋一郎も待てと追って
いきました。
まれの事を気にかける圭太とそれを気にする
一子、その一子を気に掛ける洋一郎と
見事な四角関係ですね。

スポンサーリンク


一子は二番目


3人になった女性陣。
なんで圭太と洋一郎が喧嘩になるのか
と聞くまれに一子は「知らん」と
ふてくされている様子です。

一子の様子が変だとまれはいいます。
みのりは圭太が一子に輪島塗の箸を
クリスマスプレゼントに贈ったから
だとはっきりいいます。

修行場まで追ってくる洋一郎。
圭太に洋一郎は一子に謝ったのかと
ききます。
何を怒っているのかわからないという
圭太。

洋一郎は圭太が一番最初に塗った箸を
まれにあげた、一子は二番目。
一子は二番目だったということに怒っている
と説明します。

洋一郎の方が女心をわかっているという(笑)
一子は本当に洋一郎とつきあった方が絶対に
幸せになれそうなんですがね。

一子はまれを責める


みのりは一子が圭太がまだまれのことを
好きなんじゃないかと思っているといいます。
ぶっちゃけすぎのみのりに一子もツッコミ。

こんなことで一子とまれが仲たがいするのも
いやだからここではっきりさせたいと
いうみのり。

まれは圭太に振られているといいます。
振ったのはまれのほうだと一子が
いいますが、まれは卒業前に圭太に
告白しようとしたことを話します。

その時はすでに一子とつきあっていたと。
一子はまれに圭太のことを何とも思ってないか
聞いたとまれにいいます。

まれに嘘ついたのかと一子は責めます。
「ショックやわ、親友だと思っていたのに!」

親友でも友情よりも愛情が勝つんですよね、
結局。

一子と圭太がうまくいくといいと
思っていたのは本当やとまれもいいます。
それならばなんで圭太の輪島塗第一号の
箸を受け取ったのかと一子はさらにまれを
責めます。

相手の女を責めるのは悪いことだと
思っていると一子。
悪いのは圭太でもあるとわかっていると
だけど、一子は言わずにはいられませんでした。
49話後編はコチラ/48話/まれ目次/50話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ