まれ 51話 みのりと一徹の結婚騒動 後編

まれ 51話 感想 あらすじ

まれ 51話 感想あらすじ後編です。
51話前編はコチラ/50話/まれ目次/52話

スポンサーリンク


一徹との結婚を反対されるみのりが
大胆な行動に!?
そして能登に意外な人物がやってくる!

結婚を反対されるみのりと一徹


というわけで、結婚させてくださいと
挨拶する二人。

結婚前提で話をしている二人に真人が
怒ります。
デイトレなんて安定してない仕事は
ダメだ、早すぎると。

いずれ結婚するから同じことだと一徹。
みのりも自分の農協の仕事が安定している
から大丈夫だといいます。

みのりはしっかり者ですね。
そして冒険する男をフォローできる
強さもあるし、いい母になりそうです。
一徹も勝負強さや計算高いところもあるし
一番出世しそうな夫婦ですわ。

徹の息子だから、藍子のようにみのりも
苦労するんじゃないかと浩一。
よく考えなさいと藍子もいいます。

文は一徹は勝負強いところがあるから
大丈夫だと賛成派です。
デイトレもセンスあると褒められていると
みのりも嬉しそうにいいます。
シミュレーションの段階ですでにかなり
儲けていると。

一徹の実力に嬉しそうな津村家ですが、
真人のツッコミもあり、素に戻ります。

一徹は要領も良く、津村家では一番頭が
良いタイプ。
ダメな父のおかげで考えることが
多かったのでしょうね。
母の苦労も知っているし、まれの登場人物の
中で一番いい男になりそうですね。
しかし、デイトレで成功したら、
一発逆転どころじゃない稼ぎになりますけどね。

スポンサーリンク


みのりが部屋に立てこもる!


とにかく急すぎるから、一回家に帰ろうと
久美はみのりにいいます。

みのりは無言のまま立ち上がり、走って
2階へ行って籠ってしまいました。
徹の部屋(物置部屋)に立てこもるみのり。
内側から鍵をかけてしまいます。

家に帰ったら絶対に反対の説得が
始まるとわかっているみのりは
ここにいると言ってききません。

誰の呼びかけにも反応することなく、
そのまま年明けを迎えます。
朝になっても出てこないみのり。
一徹は外の廊下で一緒に待っています。

一徹が説得すると約束してもダメ。
みのりの可愛がっているゴンタを
連れてきてもダメ。
文がおいしいお正月のご飯を持ってきて
においをかがせてもダメ。

いつもは優しくてふわふわしている
感じのみのりがここまで頑なに
なっていることにまれはびっくりします。

みのりは反抗期もなく、おっとりとした
タイプだったのでしょうね。
しかし、そういうタイプほど時には大胆な
行動をとれたりしますね。

能登へ高志と大輔がやってくる


そこへ、やってきた人物がいます。
それはなんと高志。

高志の帰還にびっくりするまれたち。
しかし高志は何か言いたげな顔。
まれの顔を見て罰の悪そうな表情です。

「いいとこだね~」

そこへもう一人の人物がやってきました。
それはなんと大輔。
大輔は能登にやってきたのでした。

まれは突然の大輔の登場に口を
あんぐり開けてびっくり。
問題に続く問題で、さらに大輔まで
やってきて、能登はさらに混乱を
まねくことになりそうです。

まれ 51話 感想まとめ


なんと大輔までここにきて、複雑だった
問題がさらに問題に。
まれにとっては徹と藍子の問題、一徹と
みのりの問題、一子との問題に重ねて
問題児大輔の登場です。

まれと相性がいいとはいえない大輔が、
さらに引っ掻き回しそうな予感がします。

大輔と圭太の顔合わせも面白そうですね。
今週はどうやって決着をつけるのか
非常に楽しみな回になりました。

本日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマを描いています。
感想やリクエストのコメントなどいただけると
嬉しく思います。
51話前編はコチラ/50話/まれ目次/52話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ