まれ 51話 感想あらすじ みのりと一徹の結婚騒動 前編

まれ 51話 感想 あらすじ

こんにちは!星野です。
天気がいいので、弟くんと動物公園に行っております。
50話/まれ目次/52話

スポンサーリンク


まれ第9週51話の4コマ漫画です。
今回はみのりと一徹のネタしかないでしょう(笑)

一徹がふいに結婚話をします。
その相手はなんとみのり!?
ごたごたな津村家はさらにごたごたに!

まれ 51話 感想あらすじ 一徹の結婚相手


一徹は東京行きに心躍る徹と一緒に
藍子がいけばいいと提案します。
一徹の事があるからと藍子は
いいますが、一徹は大学進学をせず
能登に残るといいます。

一徹はデイトレードをしたいと
打ち明けます。
デイトレをやっていた能登体験ツアーに
参加していた高槻さんと連絡を
ずっととっていて、教えてもらっていた
のだといいます。

そしてもう一つ、一徹は重大なことを
報告します。
それはなんと結婚!
結婚という言葉が一徹から出てきて、
徹も藍子も呆然とします。

その結婚相手とは…

みのりがやってきた理由は?


一徹の騒動でむせかえる藍子に水を
渡そうと台所に来たまれ。

そこにみのりがやってきます。
なぜみのりがやってきたのか
わからないまれですが、みのりは
応援してねといいます。

何を応援?というまれにみのりは
耳打ちをします。

その言葉に衝撃を受けるまれ。
一徹の結婚相手はなんとみのり
でした。

「結婚相手の…みのりさんです…」

まれもまだ状況をよく呑み込めてない
様子です。

「よろしくお願いします」

それをよそに、笑顔の一徹とみのりでした。

スポンサーリンク


一徹とみのりがつきあい始めたのはいつ?


そこへ、アメヤハギ中の元治や真人、
浩一や慎一郎が民宿桶作にやってきました。
ただならぬ雰囲気に思わず真人も
お面を脱ぎます。
正月の行事のつもりが、娘の結婚報告会に
なる寺岡家。
久美もやってきて、真人とともに
呆然とした表情です。

一徹はもともと能登で働くつもり
だったといいます。
徹と藍子が東京行くならちょうどいいと
思ったと。

みのりも地元で結婚して家庭を持つのが
夢だったからよかったと。
藍子と徹が離婚する前に話して
おきたかったといいます。

高3の祭りの時期からつきあっていたと
いうみのり。
ちょうどまれに圭太が告白した時期ですね。
まれが告白したされたと騒いでいた
裏で、ちゃっかりみのりと一徹も
愛をはぐくんでいたということですね。
しかもまれにばれずに(笑)

最近泊りが多かったのはみのりちゃんとか!?
と徹。一徹はデイトレの勉強だといいますが、
まあ、半分嘘で半分本当でしょうね(笑)

真人が倒れたことからも、みのりも
友達と泊りに行くといって出てったことが
少なからずあるという事でしょうし。

みのりが3人の中で一番したたかですね。
きっとみのりが圭太のことを
好きだったら、確実にみのりに
取られていそうです笑

そしてみのりは大胆な行動に!?
51話後編はコチラ/50話/まれ目次/52話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ