まれ 77話 フィエルテが台無しになり圭太の蒔地は大ピンチ 後編

まれ 感想 77

NHK朝ドラ「まれ」77話 感想あらすじ後編です。

大輔との交際を断ったまれ。
展示会当日に大変なことが起きてしまいます。
まれと圭太、大ピンチをむかえます。
77話前編はコチラ/76話/まれ目次/78話/まれ関連記事

高志のワンマンライブ

高志はライブのチラシをまれに持ってきました。
ライブの準備で新曲がまだできていないという高志。
曲はラブソング。

「恋っちゃ難しいね」
大輔には断ってきたと高志にいうまれ。

「言わんが、圭太に」
高志はまれに告白しないのかといいます。
高志、さりげなくまれを後押し。
高志は言葉少ないキャラだけに、発した言葉は
重要なものばかりですね。
さりげなくセリフの多いキャラより難しいかも。

まれと圭太のコラボケーキ、フィエルテが台無しに

makiji

そして展示会最終日当日。
慌ただしくマシェリシュシュではケーキの準備が
繰り広げられています。
たくさんのケーキを運ぶメンバーたち。
しかし、浅井が足を引っ掛けてまれと圭太のコラボ
するケーキであるフィエルテを落として台無しにしてしまいます。

今から作り直すというまれですが、陶子は無理だといいます。
フィエルテで使う64%のカカオチョコレートがないのだといいます。
一方、弥太郎は圭太にケーキが間に合わないのなら
蒔地の展示は外すというのでした。

スポンサーリンク

まれ 77話 感想まとめ

まず浅井の態度にムカついた視聴者はたくさんいるのでは(笑)
自分が落としたくせに、反省もないあの言い方。
もしかして、浅井はわざと落としたのかもという邪推もしてしまいます。
大悟がかなりまれを認めていて、ピンチな浅井にとっては
まれは邪魔な存在かもしれないですしね。
浅井は陶子さんに思いっきりビンタされてほしい。
美人の彼女ができたからって調子に乗んなよ!!(笑)

というわけで、まれと圭太はかなりのピンチ。
ケーキが間に合わなければ、圭太の落ち込み具合は
ハンパじゃないでしょうし、圭太が好きなまれは
何とかしてあげたいと思うはずですね。

このピンチが明日、二人の絆を固いものにするであろうと思います。
一子とは何ともできないですが、美南とは和解できるといいですね。
そして高志のラブソングもここにかけられてくる可能性が高いですね。
能登に比べて、横浜編の高志の重要ポジションよ。

そして文がなんで横浜来たのかと思いましたが、
まれに重要なアドバイスをするためにシナリオ上横浜にこさせたのですね。
元治と弥太郎に挟まれた自身の恋の経験をまれに
話すというシナリオ作りもうまいですね。
そして、朝ドラの年齢層の高い視聴者にもうまく
朝ドラ女王、田中裕子を見せられるという、いろんなものを
フォローした上手なシナリオ作りとなっています。

明日のクライマックス、まれの恋愛のクライマックスの
一つでもあるでしょう。期待したいですね。
77話前編はコチラ/76話/まれ目次/78話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ