まれ 感想あらすじ 78話 圭太に告白!そして両想いのキス 前編

まれ 感想 78

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」第13週78話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

こんにちは!星野です。
昨日は娘っ子が咳と熱で学校を休んでしまいましたが、
家できちんと勉強をしていたのでびっくりです。
まれ 第13週「運命カカオ64%」78話の4コマ漫画です。
今回はもう語ることはキスキスキス!しかないのでこんなネタに!
78話後編はコチラ/77話/まれ目次/79話/まれ関連記事

まれ 感想あらすじ 64話 カカオ64%のチョコレートをつくる

浅井(鈴木拓)が運んできたフィエルテを落として
台無しにしてしまったため、マシェリシュシュで
まれ(土屋太鳳)はもう一度フィエルテを作ろうとします。

カカオ64%のチョコレートがないため、他のチョコレートで
代用しようと陶子(柊子)はいいますが、大悟(小日向文世)
は64%のカカオでないとダメだといいます。
%の違うカカオを混ぜて、64%の味にしようとまれは提案します。
しかし混ぜて作ったチョコレートはやはり本物とはちょっと違う…。

時間がない中、まれは時間ぎりぎりまでカカオの味を調整しようとします。
陶子も文句をいいながらも、まれにつきあってくれます。
展示場から圭太(山崎賢人)もやってきて、一緒にチョコを砕いたり手伝いました。

陶子はどうよ!?とできたチョコをまれに渡します。
まれは味見をして、最初につくったカカオ64%のチョコと
ほとんど味が変わらないと喜ぶのでした。

ちなみに私の限界はカカオ72%まででした。
カカオ99%のチョコもチャレンジしましたが、
あれはチョコじゃないですね、薬です、薬。

初めて陶子さんがスーシェフらしい実力をみせましたね。
陶子は実力があるパティシエというよりも、仕事に
集中するあまり婚期を逃してしまって結婚を焦る女性
みたいな描かれ方をしていたので、ここで本来の
仕事ができる女性として描かれていたのでよかったです。
もうちょっと陶子さんにもやさしいシナリオであってほしいですが…!

スポンサーリンク


フィエルテは間に合い、圭太の蒔地も売れて大成功に


cacao64

ぎりぎりでフィエルテは間に合い、圭太の蒔地は
日の目を見ることができました。
大盛況の展示会のなか、忙しく動き回る嬉しそうな圭太。
まれも一生懸命展示場でケーキの販売を続けます。
そして、圭太の蒔地も無事に売れていきます。

ふと圭太とまれが見つめ合う瞬間。
お互いが同じ気持ちを共有しているかのようです。
まれと圭太の姿をみた美南(中村ゆりか)は大輔(柳楽優弥)に
まれのことは諦めたほうがいいというのでした。

圭太とまれがアクシデントを超えて、絆が深まったようですね。
まれの気持ちはもちろんのこと、圭太もまれへの
想いが再燃している様子です。
二人の阿吽の空気というか雰囲気に、入れないと美南も
感じたのでしょう。幼馴染、強し!

高志の歌を聞きながらまれが圭太に告白する

展示会が大成功のまま終わり、まれは高志(渡辺大知)の
ワンマンライブにやってきます。
そこで、高志は恋に悩んでいる友人のために作った
というラブソングを歌うのでした。

高志の劇中歌のラブソング歌詞はコチラ!

片付けが終わったのか、圭太もライブ会場にやってきました。
高志が歌う歌を聞きながら、まれは何かを決意します。
まれは隣にいる圭太に告白します。

「好きや」

それは突然の告白でしたが、高志の歌にまれは勇気をもらったのでした。
まれの告白に圭太もまれを抱きしめます。
お互い、おそらく横浜にきて一緒に作業をする中で、
両想いである予感はしていたのかなと思います。
圭太も意外そうな顔はしてませんでしたし、
マシェリシュシュでの試作中の圭太の「好きや」は
どう考えても告白に近いテイスト。

しかし、あっという間に一子の事も大輔の事もふっとぶ二人(笑)
この年齢の恋愛なんて、こういうタイミングと
こういう勢いがほとんどかも。
そしてまれと圭太がついにキス!
高志の劇中歌のラブソング歌詞はコチラ!
78話後編はコチラ/77話/まれ目次/79話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ