まれ 78話 圭太に告白!そして両想いのキス 後編

まれ 感想 78

NHK朝ドラ「まれ」78話 感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

高志の歌に後押しされたおかげかまれは圭太に告白します。
それにこたえる圭太。
ついに二人は両想いになりました。
高志の劇中歌のラブソング歌詞はコチラ!
78話前編はコチラ/77話/まれ目次/79話/まれ関連記事

まれと圭太が両想いに!そしてキス


両想いであることを確信したふたり。
圭太はまれにそのままキスをします。
そしてまれからもキス。

…ライブ会場で(笑)
みちゃいられませんよ!
うちは子供たちもみんな朝ドラ見てましたから!
弟くんはキスシーンよりケーキですが、娘っ子は
もうきっといろいろわかっていると思います(笑)
まれはこれで通算4回目のキスシーンです(笑)

リア充爆発しろ!

って声が聞こえてきますね、確実に。
まれも圭太も結局美男美女ですから、カップルに
なったとたん、どんなにダサい服着ててもそれを隠しきれてませんね…。

heart

とりあえず、前回の一子と圭太、大輔とまれの
キスシーンはお互いの同意の上のキスではありませんでした。
一子は嬉しそうでしたけど、あくまで不意打ち。

しかし、今回のキスはまれと圭太の同意というか、
両想いになって、お互いが望んでキスをした形。
ようやくキスシーンらしいキスシーンになりました。
2度目のキスシーンはまれからも意外と積極的に
いってるし、朝からすごいシーンでしたよ。

…とキスキス連発した感想になってしまいました、朝から。
高志の劇中歌のラブソング歌詞はコチラ!

スポンサーリンク


まれ 78話 感想まとめ

love
引用:http://blog.goo.ne.jp/hmqtxg22/e/b950b179c2db8c44a3b2ccf664103561

まれと圭太、ついに両想いに!
この描かれ方はもう、まれの相手は圭太で確定ですね。
まれの恋愛がこれでクライマックスを迎えます。
大輔は残念ながらフラれてしまいましたが、
正直今でも長い目でみたら大輔とつきあった方が
よかったんじゃないかって思ってしまいますね。

まれは幼馴染と結ばれるという、最近では使い古されて
いるストーリー展開のためあまり描かれない「王道」の展開になりました。
一子との復縁もあり得るかとも思いましたが
圭太はこれでガチで一子は忘れてしまっているでしょう。

つれない遠距離恋愛の相手よりも自分のプライドを
認めてくれるそばにいる女の子。
気持ちがすぐに傾いてもまあ仕方がない。

それにしても、「まれ」という物語のガチ告白シーンは今回が初めてなんですよね。
圭太もまれのこと、告白したときに「つきあって」
とは言いましたが、「好き」という単語は使ってないですし、
まれが最初に圭太に告白しようとしたときももちろん好きとはいってません。
大輔の告白もあっさりしたものですし、一子と圭太は
すでにつきあっているシーンで告白のシーンはありません。
今まで「つきあって」という告白は何度か出てきましたし、
一徹などの遠回しな好きという言葉は何度かありましたが、
「あなたが好き」という意味での「好き」という
ストレートな告白は初めてじゃないかと思います。

おそらくは「好き」という言葉は今回のためにとっておいたのだと思います。
あまりに好き好き言いあってしまうと、今回のまれの告白が軽くなってしまう。
おそらく、シナリオを作った人は狙ってそうしたのではないでしょうか。
そういうストーリー作りのうまさもまた感じました。
まれが主人公であるからこそ、圭太ではなく、
まれの告白から二人はつきあうというのも、よく考えられたシナリオだと思います。

来週は圭太の見合い相手が現れたり、圭太と
すんなり結婚とはいかないようですね。
ゴールインまではもうちょっと障害があるようです。

それにしても、浅井が幸せそうなのが非常に許せないのは私だけでないはず(笑)
浅井は恋愛うまくいくポジションじゃないやろ~!

というわけで、来週も期待したいと思います。
今日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います!
78話前編はコチラ/77話/まれ目次/79話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ