まれ 83話 圭太は見合いすることを決意 後編

まれ 感想 83

NHK朝ドラ「まれ」83話『絶体絶命メッセージプレート』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

圭太とのすれ違いが解消しないまま、まれは
忙しくパティシエの日々を過ごしていました。
圭太のところに久しぶりに電話をかけたその時、
まれは圭太が見合いをする事実を知るのでした。
83話前編はコチラ/82話/まれ目次/84話/まれ関連記事

入学祝のメッセージプレートは弥生が書くことに

まれは夜中に塗師屋に電話をかけました。
電話に出た岡野はまれに圭太が土曜日にお見合いをすることを伝えます。
ずっと電話をしてこなかった圭太がそんなことに
なっていると知り、まれは呆然とするのでした。

まれは大悟(小日向文世)に土曜日能登に帰らせてくれと頼みます。
大悟は休むのはいいが、弥生(を首にするといいます。
練習すればというまれですが、そんなに待てるかと
大悟は聞く耳を持ちません。

Exif_JPEG_PICTURE
引用:http://img.yaplog.jp/img/06/pc/c/a/t/catalunya/3/3480.jpg

まれは土曜日の入学祝ケーキのメッセージプレートを
弥生に書かせるといいます。
うまくかけたら、首を撤回してくれと約束させます。

不安そうな弥生に対して、まれはあと2日、
練習しましょうといいます。

夜通し指導をするまれ。
弥生はまだまだ失敗ばかり。
見合い開始まで34時間まで迫っていました。

スポンサーリンク

まれ 83話 感想まとめ

圭太が相変わらず突っ走っています。
とりあえず圭太の頭の中には「相談する」という
言葉を入れたほうがいいんじゃないかと思います。
一人で何でも勝手に決めすぎやろ!!って
思ってしまいますね。一言相談すればいいものばかり。

ま、こういう性格だからこそ、輪島塗にわき目もふらず
修行できるんでしょうが…。
圭太と結婚したら、圭太をうまく扱う術を
まれも身につけないといけないですね。

yamashita
引用:http://blogs.yahoo.co.jp/jdreamr/62443056.html

浅井さんも少しは手伝ってあげたらいいですよね。
まれが休み返上して帰ってきたのも浅井の電話の
せいですし、マシェリシュシュはまれだけが
盛り上げていくわけでもないですし。
浅井さんのいいところを少しは見せてほしい!

まれと圭太のあえない二年半は徹と藍子の3年にも
かけられています。
まれと徹が一緒にいて、圭太と藍子が一緒にいる
シチュエーションなんですよね。

こうやってまれと徹が共感を持てるようにシナリオも
作られていて、相変わらず隙がないですね。

明日はきっとまれが見合いを止めてくれるでしょう。
クライマックスがどれだけ盛り上がるのか
期待したいですね!

今日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います!
83話前編はコチラ/82話/まれ目次/84話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ