まれ 85話 4コマ漫画 輪島で結婚を祝ってもらうまれ 後編

まれ 感想 85

NHK朝ドラ「まれ」85話『下剋上駄菓子ケーキ』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

無事に婚姻届を出した二人。
圭太はまれにサプライズの贈り物をします。
そしてマシェリシュシュで紺谷希として
再出発をするのでいした。
85話前編はコチラ/84話/まれ目次/86話/まれ関連記事

圭太はまれに結婚指輪を渡す

yubiwa
引用:http://www.queensjewelry.jp/images/story/1941after1.jpg

天中殺のアパート前に帰ってくるまれ。
そこで圭太はまれにこっそりと買っておいた指輪を見せます。
サプライズにびっくりするまれ。
圭太が指輪をはめようとしたその時、指輪を
取り上げて大輔(柳楽優弥)がまれの指にはめてしまうのでした。

天中殺ではお祝いの準備がされていました。
まれと圭太の結婚をお祝いするみんな。
そこで弥生(福田彩乃)は滝川クリステルのモノマネや
ユウのモノマネを見せるのでした。

この芸のために弥生はこのキャストになったんじゃないかと思うくらいです(笑)
そして、指輪を渡す大事なシーンでそれを奪う大輔。
大輔なりのささやかな抵抗ですかね笑
大輔であれば他にもいい女の子はたくさんいると思うので
いい相手を見つけてほしいですね。

紺谷希として出発するまれ

resipi
引用:http://stat.ameba.jp/user_images/20130708/17/cocotte-co/06/4c/j/o0480048012602897968.jpg

マシェリシュシュで紺谷希として再出発するまれ。
そこへ、離婚されそうな男、榊原良治(船越英一郎)がやってきました。
妻の誕生日にサプライズでケーキをプレゼントし、
離婚を何とか止めたいという榊原。
榊原のリクエストにこたえるべく大悟(小日向文世)は
ケーキの草案をつぎつぎノートに描いていきます。

その様子をまれはずっと見て居ました。
いつか自分もこんなふうに…。そう思うまれでした。

そして、まれが作ったレ・キャトル・サン・クーが
予想以上の売り上げを上げ始めました。
マシェリシュシュで一番売れたケーキになった
ことにまれは喜ぶのでした。

船越英一郎とか、年齢層が上の視聴者を意識していますね。
端役に大物を連れてこれるのがさすが朝ドラです。

スポンサーリンク

まれ 85話 感想まとめ

圭太とまれの結婚に向けての締めの物語でしたね。
入籍も済ませこれでめでたく夫婦になった二人。
終わってみればあっけない感じでもありましたが、
15分間の朝ドラではこれくらいがちょうどいいかもしれません。
一週間で話をまとめなければならないという縛りもありますしね。

22歳になってから、まれの雰囲気がどんどん柔らかくなっていますね。
精神的に成長したのか、女らしくなったのか。
以前のツンツンさがなくなりました。

彼氏ができてみるととたんに雰囲気が変わる
もんですからね、女の子って。
圭太も指輪を用意してみたり、一徹に指摘された
「ときめき」は意識しているのでしょうか笑

そして、今週はひさびさにパティシエとしての
まれにスポットライトが当たる回です。
徐々にまれの作ったケーキの評価が高くなってきています。
大悟との関係がどうなっていくのか、今週も楽しみです。
85話前編はコチラ/84話/まれ目次/86話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ