まれ 10話 まれに夢を語る圭太!英語版主題歌も  後編

まれ第2週第10話感想とあらすじ後編です。>>前編はコチラ
まれと圭太がまたひとつお互いを理解するキッカケとなる会話があります。
まれの夢嫌いを理解する傍ら、夢とはどういうものか、圭太なりの考えをまれにぶつけます。
それに対して、まれも何かを感じる様子。これがだんだんと恋にも発展していくのか…!

>>1話 >>2話 >>3話 >>4話 >>5話 >>6話 >>7話 
>>8話 >>9話 / >>11話 >>12話 

スポンサードリンク

圭太はまれに夢について語る

二人で輪島市役所から帰る道すがら。
圭太はまれに自分の発言を謝ります。
みのりに聞いて、まれの父が6年ぶりに帰ってきたこと。
まれの夢嫌いはその父親のせいだということ。
まれの状況が、夢を嫌うのが十分だということがわかったのでしょう。
夢が大好きな父が6年間も帰ってこなかったという事実。

まれは圭太がいうことも本当はわかると言います。
昔はけっこう本気だったというケーキ職人の夢。
小さいころ父が買ってきてくれたケーキを囲んで家族の笑顔が嬉しかったまれ。
そこから自分でも作りたくなったのがきっかけでした。
食べた人が笑顔になってくれるケーキを本気で作りたいと思っていました。
夢はいいもんだと頭では分かっている、と。

けれども、まれは夢を持つのが怖いと言います。これはもう長年のトラウマだと。
すたすた歩いていくまれに圭太は後ろから声をかけます。
立ち止まって振り向くまれ。圭太がまっすぐに真剣な顔でこちらを見ています。
圭太はまれに夢は誰でも怖い、と言います。

「何年かかるか、かなうかもわからんし。怖くても反対されても離れられんげん。
忘れられんさか、夢なんやと思う。」

どんな障害があっても忘れられないのが夢だ。とまれに言います。

その言葉にまれも何かを感じた様子。
ごめん、語ってんだ、と圭太。
すたすたをまれを追い越してしまいますが、まれは嬉しそうにその後を追うのでした。

甘酸っぱい青春の物語ですね!いや~ぐっときますね。
マッサンにはなかったこのさわやかさ。カップルになる前の、徐々に二人の距離が近づいていく感じが最高です。
まれと圭太、お互いがお互いのない部分があって、フォローしあってる感じがまたとても心地よいです。

圭太がキリコの漆をぬり直す

圭太の祖父、紺谷弥太郎の家に集まってくる一同。
弥太郎はキリコを見て、このキリコは祭りには出せんと言います。
理由を聞くまれたちに、キリコが古くて漆が剥げてしまっていることをつげます。
塗師屋がこんなハゲたキリコを出せるか、と。

それならば俺にぬらしてくれ、と圭太が申し出ます。
職人さんたちもそれに賛同します。
弥太郎は少し考えたのち、出来が悪かったらキリコを出さないことを約束して許可します。
嬉しそうな圭太の顔。やはり圭太は大学でなく、漆職人になりたいようです。
想いで作りにキリコを担ぐというまれたちの計画は圭太に託されたのでした。

夜、一人でキリコの状況をチェックしてる圭太。そこへ弥太郎がやってきました。
うちにはどう言ってここに来たと弥太郎は聞きます。それは圭太の父、博之が圭太が漆職人になることを反対しているのを見越しているかのようでした。
弥太郎は、圭太の父が反対しているものを自分が許可するわけにはいかない、と圭太に告げます。
その言葉を聞いて、圭太の表情には影が差すのでした。
圭太にとって、父に夢を認めてもらうのが一つの関門となっています。

家出の一子がやってくる

能登は夏休みに入りました。
まれたちも休み。まれは一次試験に向けて勉強中。
一徹の甲子園は惜しいところで終わりますが一徹はあっさりした様子。
一徹にとって、甲子園に行かせることすらもデータ遊びの範疇のようです。
相変わらず、徹とは他人。食事も一人でしている徹。
さあて、仕事探してるか、という徹に面接は何件落ちてるんけ?と一徹が言います。
ちゃんと朝ご飯代も払っています。
そろそろ家賃を払ってくださいという文。ひと月4000円。
あの廊下に4000円、ぼったくりだ!という徹。
たとえ廊下でも4000円は安いかなと思いますが(笑)
ちゃんと布団もあるし。
その時、庭に大荷物を持った一子がやってきました。
一子はしばらく置いてくれと言います。家出してきた、と。
びっくりするまれでした。

第10話 感想まとめ

まれと圭太の距離がどんどん縮まっていって微笑ましい感じですね。
圭太の悩みとまれの悩み、方向性が違っていても、お互いがフォローしあう関係なのが実に微笑ましいです。
朝からさっぱりとしたさわやかな気分にさせてくれますね。
徹を巡って、藍子と一徹、気持ちの整理がつくかどうかも今後の見所です。

>>第10話 前編はコチラ >>1話 >>2話 >>3話 >>4話 >>5話 >>6話 >>7話 
>>8話 >>9話 / >>11話 >>12話 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ