まれ 漫画 94話 一子=わんことのコンビニスイーツ対決を決意 後編

まれ 漫画 94

NHK朝ドラ「まれ」94話『絶縁コンビニスイーツ』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

パティシエとしての方向性に迷っていたまれは
藍子のアドバイスもあり、コンビニスイーツ勝負を
受けることを決意します。
94話前編はコチラ/93話/まれ目次/95話/まれ関連記事

一子を心配する人たち

わんこのスイーツブログを見てぼーっとしているはる。
久美と文がお酒をもってやってきます。
はるも一緒にいけばよかったと言われますが、
私が行っても説得できないとはるはいいます。

はるは一子が以前語った東京旅行の思い出を語り、
結局あれ以上の想い出は能登にはないのだという事実に
ショックを受けているのでした。

一子のアパートで能登の魚と思われるおかずを乗せた
食事を用意している洋一郎。

圭太から洋一郎に電話がかかってきますが洋一郎は出ません。
圭太は洋一郎は誰にも相談せず、一人で何とかする
つもりじゃないのかといいます。

みのりはたとえ洋一郎でも、一子のそばにいてくれると安心するといいます。
みのりは一子がもう自分たちの事を仲間だと思ってないのかと心配するのでした。

スポンサーリンク

わんことのスイーツ対決を決意するまれ

まれは大悟にコンビニのイベントやらせてもらえないかといいます。
わたしがうまいと思うケーキを作って、
どっちが選んでもらえるか試したいとまれはいいます。
大悟が出した条件は、選ばれるために
安い材料を使うのはやめろという事。

「高くてもこっちを食いたいと思える菓子をつくれ」

一子と仙道、Cショップの部長である五十嵐が
打ち合わせのためにマシェリシュシュにやってきます。
大悟はうちが勝った場合、どんなに高くてもその値段で
コンビニに出すことを条件にします。

五十嵐もそれを了承し、マシェリシュシュさんが
納得するケーキを作ってください、といいます。

勝負するスイーツは「カップスイーツ」。
カップに入っていればなんでもOKという条件です。
まれは一人、夜のマシェリシュシュでカップスイーツ
を試作するのでした。

まれ 94話 感想まとめ

この勝負で、少なくとも、まれのパティシエとしての
方向性が見えそうですね。
おそらくはまれが勝つのではないでしょうか。
一子はこれで改心するとはまだまだ思えません。

一子が能登に帰ってくるのは物語終盤に
なるのではないでしょうか。
あのまま、洋一郎と同棲してしまえばいいのに笑

みのりの言う通り、たとえ洋一郎でも、
たった一人奮闘してる一子のそばに、見知った顔が
いるのは安心なのではないかと思います。
一子もそれもあって、洋一郎を家にいれてくれた
のではないかと思います。

それにしても、洗濯したり、食事作ったり、
洋一郎がしっかりヒモしてるのが笑えます(笑)

本日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
感想コメントなどいただけると嬉しく思います。
94話前編はコチラ/93話/まれ目次/95話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ