まれ 感想あらすじ 95話 一子に告白する洋一郎!そしてスイーツ対決本番 前編

まれ 漫画 95

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」7月17日放送、第16週95話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

こんにちは!星野です。
弟くんがのどが痛くてご飯を全然食べないので体重が減ってしまいました汗

まれ95話の4コマ漫画です。
洋一郎ファンとしては、このネタをかかずにはいられませんでした(笑)
最後にやっぱりオチがついてるのが洋一郎らしいです。
95話前編はコチラ/94話/まれ目次/96話/まれ関連記事

まれ 感想あらすじ 95話 一子は洋一郎に任せる?

試作品をつくるまれ(土屋太鳳)と一子(清水富美加)。
一徹(葉山奨之)とみのり(門脇麦)と
圭太(山崎賢人)は相談しますが、みのりは
一子は自分で人生をなんとかしようとしてる
のだから何もできないといいます。
まれが勝ったら一子は能登には戻らないと一徹はいいます。

それはもう洋一郎(高畑裕也)に任せるしかないと圭太はいうのでした。
しかし、洋一郎じゃ不安だ…と3人とも頭を抱えるのでした。

洋一郎じゃ頼りないのでしょうか(笑)
洋一郎だもんなあみたいなノリが…。
あの一生懸命さが一子を変えてくれると思うのですが。

スポンサーリンク

 

一子に告白する洋一郎

一子のアパートでは試作品を作っています。
なんとかDVDをみせようとする洋一郎。
そのDVDは村の仲間の姿を撮ったもの。
しかし一子はなかまごっこは卒業したと一蹴。

みんなして心配してるのにと洋一郎はいいますが、
一子はほっといてほしいといいます。
洋一郎は一子が勝手に自分の居場所はないと
思い込んでいるだけだと叫びます。

まれにこだわってしまうのはもう仕方がない
けれども、みんな一子の事をどれだけ思っているのかと洋一郎は主張します。

同情されるのはまっぴらや!と一子。
一子は自分が他の友達と違って夢も持たずに
フラフラとして中途半端である事を主張します。
そんな自己否定の言葉を遮るように洋一郎は叫びます。

「お前が好きやー!」

「…知っとるけど」
ちょっと戸惑う表情をみせつつも、一子は言葉を止めます。
そのまま、再びスイーツの試作に戻るのでした。

洋一郎は強引にDVDを勝手につけてしまいます。
洋一郎が散々見てほしいと主張していたDVDは

「らんちゃんの妄想デート kissしてア・ゲ・ル」

「これがあんたの気持ちや」そのDVDの内容を見た一子は呆れ顔。
洋一郎も呆然とその画面を見続けるのでした。
今度の勝負で負けたら、日本から出ていく。
台所に戻った一子はそういうのでした。

いやーかっこよく決めたいのに、最後がしまらないところがさすが洋一郎(笑)
しかし、洋一郎の本気の告白は一子に響いたような気がします。
知ってるとはいえ、洋一郎の口から
はっきりと好きだと出たのはこれが初めて。
一子に気がないとはいえ、洋一郎のパンチは利いたんじゃないかと思います。
でも、DVDはチェックしてから持ってこようね!!!(笑)
ちょっとは洋一郎に気持ちが流れたのがまた元に戻っちゃいそうだよ!
95話前編はコチラ/94話/まれ目次/96話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ