まれ 漫画 95話 一子に告白する洋一郎!そしてスイーツ対決本番 後編

まれ 漫画 95

NHK朝ドラ「まれ」95話『絶縁コンビニスイーツ』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

お互いに施策を続けるまれ(土屋太鳳)と一子(清水富美加)。
そして大会当日がやってきました。
そこで一子は衝撃の事実を知るのでした。
95話前編はコチラ/94話/まれ目次/96話/まれ関連記事

ぶつかりあうことで何かが伝わると圭太

まれが試作品を考案している時に大輔(柳楽優弥)が様子を見にやってきます。
いつからまれと一子はこんなふうになっちゃったのかと大輔。
まれは昔から一子は自分の事嫌いだったからといいます。
しかし大輔は能登に言った時、一子がまれのことを庇ったことをいいます。
早く仲直りできるといいね。大輔はそういうのでした。

高志(渡辺大知)の歌が流れる中で、対決に向けて試作している一子とまれ。
待っ正面から向かうことで一子に何か伝わるんじゃないか
圭太は電話でまれにそういうのでした。

高志の歌のラブソングの歌詞は!?

わんこのスイーツテーマは「幸せ貧乏家族」

スイーツ大会当日になりました。
大悟(小日向文世)や美南(中村ゆりか)、輪子(りょう)たちも会場にやってきました。
大々的に発表される二人。
徹(大泉洋)はまいもんネットで生放送の指示を出しています。
インターネット上で放送されているのを見る一徹(葉山奨之)たち

一子のカップスイーツのテーマはみたらしのフランマンジェです。
「幸せ貧乏家族」
安いけど愛情たっぷりの家族の為のスイーツ。

そのテーマにまれはハッとします。
まれが高校生の時に出場した、ロールケーキ甲子園で
作ったケーキのテーマそのものだったからです。

まれのスイーツのテーマは
「ちょっぴりハレの日」
仕事を頑張ったお父さんがちょっと奮発して家族に買って帰るお土産。
どんなにつらいことが重なっても食べればほんの少し光が差すようなスイーツ。

一子はなぜ「幸せ貧乏家族」というテーマにしたのでしょうか。
あの時のまれと一子はお互いの夢に向かって金沢へ、東京へ
出かけていった思い出の日。
一子にとっても忘れられない思い出のはずです。
そしてまれの原点でもあるお菓子。
一子はいろいろなことをまれに思い出してほしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スイーツ対決は出来レース

試食が始まり、お客たちがどんどんスイーツを食べに行きます。
ステージ裏に材料をとりに来る一子。
仙道がやってきます。
絶対に勝つと意気込む一子に仙道は
わんこの勝ちは決まっているといいます。

「出来レースってことですか?」

素人の女の子が一流フランス菓子店に勝つ。
こんないい宣伝ないでしょと仙道は笑います。

キミがCショップの広告塔になったら
どんどん他の仕事も頼むよ、と仙道は笑いながら行ってしまいました。
この大会が出来レースだったことを初めて知る一子は…。

まれ 95話 感想まとめ

全体的に一子にスポットが当たった回でした。
そして洋一郎がついに告白。
好きだというセリフで告白シーンが流れたのはこれで二回目ですね。
相変わらずスマートな告白じゃないかったですが、
一子を一生懸命思う洋一郎らしい。
これで洋一郎が一子と結ばれなかったらこのドラマ、つらすぎる(笑)

洋一郎は一子が有名にならなくても、モデルに
ならなくても、そのままの一子が好き。
そのあたりを一子もわかってあげてほしいですね。

そして一子も都会で奮闘したせいか、すっかり被害妄想というか
自己否定が強くなってしまっています。
このままじゃ何をやってもうまくいかないでしょう。
重い荷物を自分で勝手にしょっているだけということに
早く気づいてほしいですね。
95話前編はコチラ/94話/まれ目次/96話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ