まれ 漫画 97話 フランスへ修行!圭太の雲行きは怪しく… 後編

まれ 漫画 97

NHK朝ドラ「まれ」97話『究極選択パリブレスト』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

フランス行きに受かれるまれですが、
圭太の雲行きはなんだか怪しい。
そして一子はもう一度東京行きを決めます。
97話前編はコチラ/96話/まれ目次/98話/まれ関連記事

洋一郎の告白!一子の返事は?

コンビニスイーツ対決の時に流れた動画を
見ている一子、洋一郎、みのり、一徹。
一子は近いうちにもう一度東京へ行き、
再出発することを宣言します。
みのりもそのほうがいい、と一子の決心に同意。

洋一郎は一子に告白の返事を聞かせてくれと迫ります。
一子は「幼馴染」と一蹴。
しかし、一子を心配していろいろやってくれた
洋一郎には感謝してると一子。

圭太とまれが結婚、みのりと一徹が結婚、
それで自分と洋一郎がつきあうなんて、ありえないと一子。

うなだれる洋一郎ですが、そこまでショックではない様子。
洋一郎にとってはかつての明るい一子に戻ってくれたことが
告白の事より嬉しいのでしょうか。

洋一郎はこれで完全にフラれたことになってしまうのでしょうか。
おそらく視聴者にとっては、みのりと一徹よりも
ずっとうまくいってほしいカップルだったはずなのに…!
まあ、幼馴染同士が全員カップルになるというのも、
物語とはいえ現実離れしすぎなので、シナリオ上、やらないのかもしれませんが。

スポンサーリンク

疲労を見せる圭太…そして徹の雲行きも怪しく!?

まれは圭太にフランス行きのことを伝えようと電話をかけます。
電話に出る圭太はあからさまに元気がなさそうです。
疲れてる?とまれは気にします。
まれが相談をしようとしたときに、圭太に電話がかかってきた様子。
ごめんまたかけるわと圭太は電話を切ってしまいます。

天中殺で徹はまれのフランス行きを祝います。
まだ圭太と相談していないというまれですが、
圭太が反対してもフランスには行けと徹はいいます。

そこへ、圭太をだまし、職人を引き抜き、
安価な輪島塗を販売すると意気込んでいた
コンサルタントの安西が逮捕されたというニュースが流れてきます。
そのニュースを見て真っ青になっている徹がいるのでした。

まれ 97話 感想まとめ

どう考えても、徹は今の会社に安西が
関わっていることは間違いないでしょうね。
安西とは企画が直前におじゃんになっただけで
喧嘩別れしたわけでもないですし。
仲が良さそうだったので、いろいろと相談していた可能性が高いですね。

しかし、ここで安西が関わってくるとは!
圭太がつかれているのも、安西が輪島塗に
深くかかわっていたせいで、事後処理に
終われているのかもしれません。

洋一郎は一子にフラれてしまったことになるのでしょうか。
たとえ一子とカップルにならなかったとしても、
洋一郎には幸せな家庭を築いてほしいなあと思います。

能登で誰かと結婚してほしいですね。
京極ミズハとかどうでしょうか(笑)
京極ミズハの週、洋一郎がイベントの
ポスターに使われていた時、さりげなく
ミズハが洋一郎を褒めているんですよね。
あれがもしかして、伏線だったら…とかいまさら思いました。

今日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います!
97話前編はコチラ/96話/まれ目次/98話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ