まれ 漫画 102話 卒業横浜ロールケーキを作る 後編

まれ 漫画 102

NHK朝ドラ「まれ」102話『究極選択パリブレスト』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

能登に帰りたい意思を大悟に伝えたまれ。
大悟からはオリジナルロールケーキを
作る試験を言い渡されます。
まれが作ったケーキの大悟の評価は…。
102話前編はコチラ/101話/まれ目次/103話/まれ関連記事

能登に帰ることを決心する徹

能登で話をしている藍子と徹。
徹は能登に帰ろうかといいますが、
それでいいの?と藍子はいいます。

「ここにいてもしょうがないしな」

落ち込んで涙を流している徹を
藍子はじっと見守るしかありませんでした。

いいところまで行ってもまたしても失敗。
このシナリオライターさんは徹を
成功させる気がないみたいですね(笑)

まあ、仕事大成功!大企業になりました、
という展開は作品としての「まれ」らしさが
なくなってしまうからかもしれませんね。

横浜のデートした場所にやってくる徹とまれと藍子。
また戻ってこられるよね、と藍子

手を差し出すまれ
藍子もそれに手を重ねる
徹も手を重ねます。
徹は藍子と外浦村に帰っていくのでした。

スポンサーリンク

まれは卒業ロールケーキを作る

まれは大悟の想いにこたえるために
卒業ロールケーキを作りはじめます。

どんなケーキを作るかイメージして
手を動かし始めるまれ。
シェフとの思い出が走馬灯のように流れます。

大悟に怒られたこと、教えてもらったこと
認められたこと、すべて思い出しながら
まれはケーキを作ります。

完成したロールケーキを大悟のところへ差し出すまれ。
以前作ったのは能登の食材をのロールケーキ。

これはシェフに教えてもらったことを
すべて込めて作った横浜ロールケーキです。
まれはそういうのでした。

まれが作ったケーキを食べる大悟
「まずい」
これじゃとても卒業させられんな。
大悟の意外な言葉に驚くまれでした。

まれ 102話 感想まとめ

大悟との出会いだったロールケーキが
ここにきて出てくるのはうまいですね。
そして、どちらも「卒業」というテーマに掛けられている。

以前はパティシエの夢を諦めるキッカケになりました。
決してプラスではない選択でしたが、
まれの人生を変えるキッカケになったことは確かです。

そして今回もパティシエとしてのキャリア
ではなく、家族の為に卒業する。

出会いと別れに両方ともロールケーキを使う。
相変わらずこの辺はシナリオ作りの上手さを感じます。

これで津村一家はみんなしてまた能登に戻るわけですね。
横浜編はこれで終わってしまうのでしょうか。
来週は圭太がまたしてももめるようですので、
どうなるかドキドキです。
102話前編はコチラ/101話/まれ目次/103話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ