まれ 12話 感想 圭太がまれに告白する 前編

まれ 12話 感想 4コマ漫画
こんにちは!星野です。
仕事も忙しくて外にでていません(笑)
天気が良くないのでちょうどいいかな

スポンサーリンク


「まれ」第2週第12話の4コマ漫画です。
青春の一ページともいえる今回。
甘酸っぱい圭太の告白がいいですね。
漆塗りと同じく強い気持ちを募らせた圭太が
ついにまれに告白します。
それに対し、まれの反応は…。
11話/まれ目次/13話

藍子がまれの夢に反対する


夢なんてお母さん絶対反対。
徹の事をさして、でかい夢を追ってついにはお隣さんに
なってしまったと藍子はいいます。
徹は悪い見本だと。

市役所なら倒産しないし、不景気でも給料はでるし、
それを夢なんて危険なものに賭けるのは反対だと
藍子はきっぱりとまれに言います。

徹を負け犬扱いする藍子。
それにかちんときたのか、徹も一生お隣さんで結構ですよ、
と言葉を荒げます。
さすがに負け犬という単語には徹もプライドを傷つけられた様子です。

答えがでないまれ


海を眺めているまれに元治が声をかけます。
本当に夢があるのか、と。
元治は徹の言ってるでっかい夢は夢ではないと言います。
あんなのが夢だったら夢に失礼だと。
あれのことは見本にしたらダメや。
自分の気持ちでよく考えろと元治はいいます。

元治の助言の通り考えるまれ。
しかし、答えはずっとでない状態が続きます。

考えるのは祭りのあとにしよう、とまれは問題を先送りします。
漆を塗ってキリコを修正する圭太。
30人分のはっぴをつくっているまれや一子たち。
おにぎりの差し入れをしてくれる藍子。
わきあいあいと祭りの準備をしています。

圭太はずっとまれのことを想っていた


朝早く、圭太のキリコの漆塗りが完成します。
どうやら、そのまま夜通し作業を続けていたようです。
周りにはそのまま仮眠をしている一子や
みのりたちが寝転がっています。

まれも起きていたようで、圭太に近づいてきます。

「きれいやね~。すごいね、圭太。」

とまれは嬉しそうにキリコを眺めます。
圭太はまれにケーキ職人の夢をもし捨てられないのなら
捨てるな、と言います。
なして圭太はそんなこというやけ。なして?とまれ。

7年前に転校がきまって不安に駆られていた圭太にとって、
新しい土地になじもうとじたばたしていたまれに
勇気を貰ったと話す圭太。
それからも金沢にいってからも、何かあるたびに
まれのことを思い出していた、と圭太は言います。

「なんていうか、支えやってん」

だから、夢が怖くてもじたばたして頑張れと。
お前はそういうやつだと圭太はいいます。
「そんなお前の事……。」
圭太が何かをいおうとしたその瞬間、洋一郎が目を覚まします。
圭太の言葉は途中になってしまいました。

どう考えても告白タイムです(笑)
告白のタイミングを見計らっているようです(笑)
ずっとまれが支えだったというセリフ自体が
もう告白と同義かと思います。
小学生のあの時から、ずっとまれに好意があったという事でしょうね。
それにしてもタイミングをぶち壊す洋一郎が素敵です(笑)

スポンサーリンク


高校生活の思い出の輪島大祭がはじまる


輪島大祭が始まります。
圭太が直した立派なキリコの周りにまれたちが
つくったはっぴを着た人々が集まります。

挨拶をする弥太郎。
キリコには不退転の文字。
どんだけ困難にあっても一度決めたことは貫き通せ、
それが不退転だと。
不退転の魂でゴールをめざせという弥太郎。
元気で返事をするまれたち。

祭りで盛り上がる村。
藍子も一徹も一応徹もはっぴをきて嬉しそうです。
元気いっぱい太鼓をたたくまれや圭太。
祭りはクライマックス。

これもひとつの夢かもしれないとまれは思っています。
みんなで何かをしたいとこころから願い、
夢中になってつっぱしる、それも夢なのかもしれないと。

洋一郎が太鼓をたたいています。
まれと圭太は二人キリコから離れてその姿を見守っています。
「さっき思ってたけど、人生に夢って必要かもしれない」
と笑顔で圭太に話しかけるまれ。
そのまれを見て、圭太は笑顔になります。
その時、まれをキリコにいた一子が呼びます。
行こうというまれの腕を圭太がつかみます。

圭太がまれについに告白!?


急に腕をつかまれ、ふりむくまれ。
圭太の真剣な目にまれも顔もマジになります。
何かいいたげな圭太。

「明日湊橋に3時、来てくれんか。」

話したいことがあるという圭太。
圭太の真剣さにまれも何かを気付いたのでしょうか。

告白、するつもりでしたよね。
きっとタイミング、ずっと見計らっていたでしょう。
漆職人になる、と決意して、キリコの漆を塗ってみて、
それが自信につながったのでしょう。
その自信がまれにも告白する、という勇気にもつながっています。
12話後編はコチラ/11話/まれ目次/13話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ