まれ 漫画 108話 陶胎漆器の契約成立!博之はあえてヒールに 後編

108

NHK朝ドラ「まれ」108話『親子ロールケーキ』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

陶胎漆器の契約はうまく言った矢先、
博之(板尾創路)の市長への思惑(演技)が知れて、
博之はすべての輪島塗職人から悪者扱いにされるのでした。
108話前編はコチラ/107話/まれ目次/109話/まれ関連記事

博之の真意を知っているまれはお礼を言う

まれ(土屋太鳳)は立ち去る博之を追ってお礼を言います。
圭太(山崎賢人)が尊敬するお父さんは、
きっと悪者のまま去っていくかっこいいお父さんだ。
まれはそういって、圭太には伝えないといいます。

それでもいつかお父さんの愛情を直接伝えてあげて下さい。
まれの毅然とした態度に
「すっかり塗師屋の女将だな」と博之。
人の事心配してる場合か
これでますますパティシエには戻れないぞ。
博之の言葉にまれは「ゆっくり考えます。」と伝えるのでした。

洗いものをしてるまれのところに直美(藤吉久美子)がやってきます。
父と息子の間をとりもってくれると思っていたのに
まれにはがっかりしたわという直美。
すみませんと謝るまれ。

でもなかなか根性座ってるわねと直美は笑顔を見せます。
直美はまれを仕込んで、完璧な女将にしてみせると宣言するのでした。

直美はまれの態度にまれを見直したようですね。
博之の思惑をくんで、あえて博之を立てた部分に
好感が持てたのでしょうか。
それにしても、圭太が単純すぎますね(笑)

スポンサーリンク

まれ 108話 感想まとめ

博之が悪者になることで、圭太にたくさんの味方を作りました。
共通の敵がいると他の人は仲良くなるというのを利用したんですね。
自らが悪になっても息子を盛りたてる博之マジいいパパ!

いろいろ言われている「まれ」ですが、
個人的にはとてもシナリオは頑張っていると思います。

パティシエに絡めないといけないという制約、
地方を盛り上げないといけないという制約が
ある中で、よくシナリオを練っていると思います。

地方を盛り上げる設定なのは朝ドラのお約束で、
今回は能登が選ばれたわけですから、
能登(輪島市)の代名詞である輪島塗は
絶対にお話のメインにある程度絡めないといけない。

ヒロインは都会に出たとしても、必ず
能登に戻るお話にならなけばいけない。
能登を盛り上げるための朝ドラなので、
能登のシーンが多くないといけないわけです。
夢を追ったとしても、最後は必ず地方へ帰る。
それが現代朝ドラのお約束なのです。

だからこそ、半場無理やりにでもまれは能登に
帰らなければならなかった。

そして2015年の朝ドラに能登が選ばれたのは
北陸新幹線が開通して、能登(北陸)を盛り上げるには
絶好のチャンスだったからでしょう。

いろいろな要素が絡まって朝ドラのシナリオは
できているのだと思います。
数々の制約の中で、最大限の頑張りを見せていると
個人的には思います。
最後まで頑張ってほしいですね。

本日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
感想コメントなどいただけると嬉しく思います。
108話前編はコチラ/107話/まれ目次/109話//まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ