まれ 漫画 109話 元治が塩田を辞めることを宣言 後編

まれ 漫画 109

NHK朝ドラ「まれ」109話『潮時じゃがいもガレット』感想あらすじ後編です。

スポンサーリンク

博之は身を引き、圭太が正式に
5代目紺谷弥太郎となりました。
まれは女将の仕事に精を出しつつも、
父、徹について心配をするのでした。
109話前編はコチラ/108話/まれ目次/110話/まれ関連記事

サロンはるで愚痴をこぼす徹

今度の今度はたち治れる気がしない
サロンはるで徹は真人や慎一郎、浩一の前で
愚痴をこぼしていました。

もう夢はあきらめるのか?と真人は徹に言います。
しょせん無理だったんだと徹はつぶやきます。
それに対してわざとらしい励ましを続ける3人。

その三文芝居どこまで続く?
毎日じゃ飽きるとマキとはるがツッコミ。

どうやら、そんなことをしながら毎日くだを巻いていた様子。
男4人で友情を深めていたようです。
「徹、元気いっぱいじゃん!」
テレビの中でつい突っ込んでしまいました。
もちろんショックはショックなんでしょうが、
根本的に徹はめげない性格だと思うので、
もうすでに復活傾向にあるんじゃないかと思いますね。

元治は何かを思う

塩を眺めている元治をみて、
文はどうしたのかと声をかけます。
文は長年連れ添った元治の異変に気づいていたようです。

一方、引退した弥太郎はお客の名簿を眺めていました。
喫茶店に弥太郎を呼び出す元治。

引退後についてきかれた弥太郎は
楽隠居は楽しくて仕方がないと笑います。

自分で自分に引導を渡すのはつらいけれど
弥太郎はしがみついて輪島塗を
ダメにするわけにはいかないといいます。

弥太郎の姿に元治も何かを思ったようでした。

スポンサーリンク

弥太郎が塩田を引退宣言

弥太郎は相変わらず塩まきをしていました。
塩釜に入れていたじゃがいもをとりに来る藍子。

圭太とまれも加わって、家族みんなで
ジャガイモを食べています。

和気あいあいとした中で、元治は
塩づくりはもう引退すると宣言するのでした。

突然の発言にびっくりするまれたち。
今年で最後にして塩田はやめる。

元治はまれに塩田の釜炊き小屋で
洋菓子店をしろというのでした。

元治の申し出にびっくりするまれですが…?

まれ 109話 感想まとめ

弥太郎に続き、元治も引退宣言。
先週からのこの流れは
世代交代を描くという事でしょうね。

弥太郎には圭太がいますが、元治には
息子がいても、東京でもう一度やり直す
といって帰っていきました。

孫同然の扱いだったまれにその場所を
譲りたい。こちらも形は変われど
世代交代という事なのでしょう。

ここに店を開くという事は、
もう一度修行に戻るという事ではなく
もう自分の店を持つという事。

リアルではそれも悪くないと思いますが、
物語の中でいえばちょっと早いかなという
気がしますね。

もう残り二ヵ月ちょっととなりますので、
〆に向かって物語が動いてもおかしくないですが、
パティシエとしての「壁」がまれにはないので、
それを超えた後にでも店を持つのは遅くないかと
思います。

まれの選択がどうなるのか楽しみですね。
本日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います。
109話前編はコチラ/108話/まれ目次/110話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ