まれ 感想あらすじ 111話 一徹が徹と喧嘩!塩田の跡継ぎに!? 前編

まれ 漫画 111

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」8月5日放送、第19週111話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

こんにちは!星野です。
今日は子供たちと動物園に行っています。
まれ111話の4コマ漫画です。
みのりがもしかして妊娠しているかも!?と
思ったので、こんなネタになってしまいました笑
111話後編はコチラ/110話/まれ目次/112話/まれ関連記事

まれ 感想あらすじ 111話 マイナスオーラ全開の徹

元治(田中泯)が突然言い出した、塩田引退発言。
まれ(土屋太鳳)は元治の様子が心配でたまりません。
器を届けるついでにまれは元治の様子を
見に行きたいと圭太(山崎賢人)に言います。

さぞかしおち込んでるかと思いきや、
予想と反して元気いっぱいの元治に
まれは拍子抜けします。

真人(塚地武雅)や浩一(篠井英介)たちも
呼んで、民宿桶作はお疲れ様会でもりあがっていました。

まったく関係ない徹(大泉洋)が
異様に張り切って盛り上がっています。

何もしてないから体力が有り余っていると
一徹(葉山奨之)は父の姿にチクリ。

これからはふたりのんびりと
過ごさせてもらうと文(田中裕子)はいいます。

あくせく働いたって壊れるのは一瞬だと
徹は愚痴り始めます。

マイナスオーラ前回の徹にやめろと文はいいます。

それでも愚痴をやめない徹を見て
一徹はその場を去っていくのでした。

いやーこの徹はダメすぎですね。
この父を尊敬しろと言われても無理ですね。
父どころか、人として一緒にいたくないオーラ全開ですね。
マイナスな発言ばかり続く父に一徹も
イライラしている様子。
これが父なのが許せないのか、もっと
しっかりしてほしいと思っているのか。

スポンサーリンク

元治の言う第二の人生

台所でふくれれ面をしている一徹にまれは声をかけます。
お父さんのリハビリ期間だから気にするなというまれに
長いわと一徹は一蹴します。

一徹がカリカリしてるとみのりの
ストレスになってしまうとまれは心配します。

まれはみのりがたくさん食べているのは
ストレスのせいかと思っているようです。

台所に元治がやってきます。
まれは元治の申し出を断ったことを謝ります。
今はそれどころじゃないとまれ。

元治は一人息子である哲也にも断られたと
苦笑します。
どうやら哲也は東京で再起し頑張っているようでした。

塩田やめてどうする?と聞かれた元治は
世界中の祭りを見に行く。
これからは第二の人生や
といいます。

笑顔を見せながら踊り去っていく元治。
太鼓をたたいて盛り上がる村の人々。
元治もノリノリで踊っています。

その姿を見ながらみのりの手を握る一徹。
ふがいない父親を見て何かを思う一徹でした。

みのりは妊娠している可能性が高そうですね。
もしかして、一徹もそれを知ってるのかもしれません。
父と息子や跡継ぎについて語られている今週なので、
一徹に子供ができていてもおかしくないシナリオかと思います。

後編に続く!
111話後編はコチラ/110話/まれ目次/112話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ