まれ 感想あらすじ 113話 みのりの妊娠が一徹が塩田を継ぐ理由?

まれ 漫画 113

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」8月7日放送、第19週113話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

こんにちは!星野です。
弟くんのいたずらがすごくて毎日たいへんです…!もうすぐ3歳!

まれ113話の4コマ漫画です。
今週は一徹の週なので、一徹のネタが増えてます。
112話/まれ目次/114話/まれ関連記事

まれ 19週 113話「潮時じゃがいもガレット」あらすじ


掃除をして塩田のための体力をつける一徹。
まれの厳しい指導に音を上げる一徹。
雑巾がけを指示するまれですが、
直美の一言でまれも一緒に雑巾がけをすることに。

そして迎えた、練習の成果を見せる日。
まったくダメダメな一徹にまれも焦るのでした。

高志が輪島に帰郷してきました。
メジャーデビューを断ったという高志。
のんびり歌いたいからというその理由でした。

徹は2階でぼーっと考えて事をしていました。
一徹に嫌われている事にショックを受けている徹。
藍子は好きだからこそ尊敬してるからこそ怒ってるのだといいました。

離れて暮らした3年間は無駄じゃなかった。
今それだけショックを受けているということは、
3年間それだけ頑張ってきたという証拠だと藍子。
好きなだけ愚痴って、リハビリしてまた夢を持てる。
徹は夢でできている人だからと藍子はいいます。

それまでは怒られても笑って乗り切ろうと藍子は励まします。
徹は謝りますが、藍子はそれを笑って返します。
藍子の笑顔に徹は救われるのでした。

高志は歌を歌っています。
高志と二人になった藍子は、高志がメジャーデビューを
断るのは残念だといいます。
能登にいても、テレビで高志の歌が聞ける、と藍子。
その言葉に高志は呼んでくれればいつでも行くと答えるのでした。
頑張らなね!藍子の言葉に高志は嬉しそうな笑顔を見せるのでした。

まれは元治に会いに行くためにじゃがいもガレットを作っています。
じゃがいもガレットをもって民宿桶作にやってきたまれは
塩田の跡取りとしての一徹をアピール。

そこへみのりが帰ってきます。
みのりは農協を休んで病院に行ってきたと聞いて、
まれはストレスを心配しますが、実はみのりの
お腹には赤ちゃんがいることが判明します。
だから塩田を継がせてほしいと、一徹は強く願うのでした。

スポンサーリンク

まれ 19週 113話「潮時じゃがいもガレット」感想

やはりみのりの妊娠は確定でしたね。
しかも、安定期に入ってるという事は、
もう5ヵ月あたり。人によっては性別もわかる時期です。

一徹とみのりは安定期に入るまで内緒にしていたようですね。
つわりがほとんどなかったラッキーなタイプであるみのり。
ばれなかったのはそのせい、というよりは、
シナリオ上ばれないように、そういうタイプにしたという感じですね。
その代り、食べつわりという、食欲が増すタイプのようです。

でも安定期に入る時期だったら、流石に誰か
お腹に気づくと思いますが(笑)

一徹が子供ができたことにより、
自分も父としての自覚が出てきたようです。
一徹はいい男ですね。
普通父親は子供ができたとしても、自分のお腹が
大きくなるわけじゃないので、親としての自覚は
産まれるまでない人が多いと言われます。

その中でもすでに父親の覚悟をある一徹は若いのにさすがです。
体力はないですが(笑)

そして藍子の懐の深さもすばらしい。
徹がまるで夫というよりも、藍子の子供の用です。
一徹の弟みたいです(笑)

恋人のように、妻のように、母親のように
徹に接する藍子は嫁の鏡ですね。

「徹は夢でできてる人」この言葉が徹をふたたび奮い立たせます。

そして、脇ストーリーですが、藍子に惚れている高志の挙動も気になります。
朝ドラなのであり得ない展開ですが、
これが月9ドラマなら徹と別れて
高志とつきあう設定もありえたかな~とちょっと残念です(笑)

とにかく、親と子が今週のテーマ。
明日の決着を楽しみに待ちたいと思います。

今日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います!
112話/まれ目次/114話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ