まれ 22週「出産クッサンベイビー」感想あらすじ

NHK朝ドラ「まれ」22週 『出産クッサンベイビー』
8月24日~29日放送感想あらすじです。
※ネタバレもありますので注意。
まれ漫画目次/まれ関連記事/まれ視聴率

スポンサーリンク

まれ 22週『出産クッサンベイビー』あらすじ概要

希の店が開店してから一か月半後、なんと希の妊娠が発覚します。
圭太は喜んでいますが、直美は出産後もパティシエの
仕事をしようとする希に厳しい言葉をぶつけます。

そして、めでたく希は無事赤ちゃんを出産します。
子供はなんと二卵性の双子!
男の子と女の子、一人ずつ産まれ、希と圭太はそれぞれ匠と歩実と名付けます。

半年だけ子育てに専念すると決めた希ですが、
常連客からケーキを作ってくれと言われ、1日だけケーキ作りを再開します。

パティシエも女将の仕事も母親もどれも取ろうとする希ですが、
現実はそれほど甘くなく、希は壁にぶち当たってしまいます。

藍子に母親としての覚悟を問われた希はこのまま店を
再開すべきか迷ってしまいます。
その時、圭太が希に救い船を出します。

圭太の言葉に希は店を再開。
まだまだ客足が遠のいていたプチ・ソルシエールですが、
今までにない客層が訪れるようになり、希は首をかしげます。

スポンサーリンク

まれ 22週のお菓子、クッサン・ド・リヨンとはどんなスイーツ?

まれ22週のお菓子はクッサン・ド・リヨン。
アーモンドをつぶして練りこんだマジパンで
ガナッシュを包んだお菓子。
リヨンとはフランスの都市の名前でパリに続く規模であり、
フランス第二の都市と言われています。
そのリヨンの銘菓がクッサン・ド・リヨン。
その座布団のような形はリヨンの名産物である、絹織物を模したもの。
クッション=クッサンとなり、クッサン・ド・リヨンという名前がつきました。

まれ 22週「出産クッサンベイビー」感想

希の妊娠生活があっという間に終わってしまいました。
これに対して批判もあるようですが、妊娠している姿を何週にもわたって
放送するには演技という意味でも無理がありますし、
どちらかというと子育ての葛藤を描きたいという事もあり、
この辺はスマートにカットしたのだと思います。
新生児時代、赤ちゃん時代も同様でしょう。
赤ちゃんや幼児にスマートな演技は無理でしょうし、
そういった意味での子育てのリアルさは出せないと思い、
いきなり小学生にまで飛んだのではないでしょうか。

作る側の事情も入っているのでしょうが、
一気に双子の子育てという意味ではハードモードな
人生を希に歩ませているなと思います。

何にせよ、無事に出産を終えられたことは母親としての
自信もつきますし、これからの生活は激変しますが、
人間としてえられるものも多数あるのではないでしょうか。

まれ漫画目次/まれ関連記事/まれ視聴率

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ