まれ 感想あらすじ 130話 1日だけパティシエに戻る希

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」8月27日放送、第22週130話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

129話/まれ目次/131話/まれ関連記事

まれ 22週「出産クッサンベイビー」130話 あらすじ

双子の育児に目の回るような忙しさを感じる希と圭太。
かわるがわる泣く子供たちをあやしたり、お乳をあげたり
オムツを変えたり、とにかく泣きっぱなしの匠と歩美の
世話につきっきりになる希でした。

里帰りはしなかった希はその選択を後悔しそうになります。
寝不足の日々が続く中、みのりが農協を辞めて育児に
専念するという話を聞く希。
三カ月での復帰は早すぎると言われた希ですが、
希はせっかくお客さんが待っていてくれるのだからと
続ける意思はあるのでした。

その時、希のケーキのファンである女性、橋本朝子が
やってきて、希にケーキを作ってほしいと頼むのでした。
圭太はそれを賛成し、1日だけパティシエに戻ることを提案します。
希は子供たちを圭太に預け、朝子のためにケーキを作ります。

しかし、歩美が熱を出してしまったと聞いて、
希は病院に駆けつけるのでした。

自責の念に駆られる希を責める直美。
希は子供たちに申し訳ないとショックを受けています。
藍子に励まされるも希は自分は母親失格だと落ち込みます。

その言葉を聞いた藍子は覚悟がないなら店を辞めなさいと
希に厳しくいいます。
ショックが癒えぬまま、家に帰ってくる希ですが、
一子が書いた記事の切り抜きを見てに再び落ち込んでしまうのでした。

仕事と子育て、両方とるのは無理なのか。希の葛藤は続くのでした。

スポンサーリンク

まれ 22週「出産クッサンベイビー」129話 概要

現実の子育て問題が取り上げられた回ですね。
パティシエに1日だけ戻り、パティシエの仕事の面白さを
思いだしたところで現実に戻される。

仕事なのか、子供なのか。
みのりははっきりと子供を選びました。
それは仕事は切るというみのりの覚悟です。

希も、どうするのか「覚悟」が必要だと
藍子は言いたいのでしょう。
どうなっても責任を取る覚悟。

それがあれば、藍子は仕事を辞めようが、
両立しようが、どちらでもいいと思っているのでしょう。

子育ては「後で」が絶対にできないもの。
早急な希の覚悟も必要なのです。

まれ 22週「出産クッサンベイビー」130話 感想

正直熱を出したのはタイミングが悪かったとも言えますが、
仕事の方に気持ちがよったとたん、子供に何かあるというのは
希にとってブレーキとなる出来事でしょうね。
本来は仕事をするという事と、子育てをすることとは
感覚がまったく別というか、同じラインでは考えれない
ものだと思います。
(スケジュールという意味では同一線上に乗りますが)
仕事と子育てどっちが大事?という感覚では
語れない部分があります。

本当に体が2つほしいですね(笑)
結果がどうなっても自分の決断に責任を持つという
覚悟をもって子育てをする必要が希にはあるのだと思います。

本日も読んでいただいてありがとうございました!
1話に1本4コマ漫画と感想記事を書いています。
コメントなどいただけると嬉しく思います。

129話/まれ目次/131話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ