まれ 感想あらすじ 137話 匠が失踪するその原因は

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」9月4日放送、第23週137話の4コマ漫画と感想あらすじです。

スポンサーリンク

136話/まれ目次/138話/まれ関連記事

まれ 23週「いっぱい失敗タルトタタン」137話 あらすじ

みのりからの電話で匠が帰っていないと聞く希。
家には帰っていないとみのりはいいます。
そして、歩美と徹志も匠の行方を知らないと言っている
と聞いた希は沙耶に後をお願いし、急いで家に戻るのでした。

血相を変えて希が家に戻ってくるとみのりが希に謝ります。
洋一郎や一徹、元治や久美たち、村の人全員が匠を探してくれます。
村中探し回り、日も暮れてきますが、匠は見つかりません。
警察に連絡するしかない。そう思って希が立ち上がったその時、
文は歩美と徹志に本当に匠の居場所を知らないのかと
問い詰めていました。

知らないと強く返事をする歩美。
その不自然さに気づいた一同は歩美が立ちふさがった
押し入れに注目します。
希がそこを開けると、奥にこじんまりと座っている匠がいました。

匠が隠れていた原因は学校でいじめられたことでした。
漆塗りの事をからかわれた匠。
けれども、隠れたのはそれが直接の原因ではありませんでした。

希は圭太に、匠は本当は漆はやりたくないけれど、
父が喜ぶからやりたいと言ってしまった事を気にしていたからだ
と圭太に伝えます。

圭太は自分が父としてやってはいけないことをしてしまったと
悔やむのでした。
やりたくないならばやらなくていいと圭太は匠に伝えますが、
匠はやはりすっきりしない返事をするのでした。

スポンサーリンク

まれ 23週「いっぱい失敗タルトタタン」137話 概要

圭太が親としてやりがちな行動をしてしまいました。
それは親の望むように育てようとすること。
漆が大好きだった圭太はその良さをなんとか匠にも
わかってもらおうとしたのでしょうが、それが裏目に
出てしまいました。

歩美のように、すぐに自分の意思を伝えられる子ならば
やりたくない、と答えられたでしょうが、匠は圭太が
喜んでいることにプレッシャーを感じてしまったのでしょう。
その辺も、親として見抜けなかった後悔が圭太にはあります。

圭太や希は比較的、幼いころから夢がはっきりしていたタイプ。
一子のように、何がやりたいか大人になってもわからない
タイプの気持ちは理解しずらいところがあるのかもしれません。
だからこそ、焦らずのびのび育てることを匠から学ぶことでしょう。

まれ 23週「いっぱい失敗タルトタタン」137話 感想

圭太、やってしまいましたね…。
男だし、塗師屋は世襲制のようなので、匠に興味を持ってほしかったのでしょうね。
こういう、人に合わせてしまう男の子、いますね。
きっと性格的なものが大きいと思いますが、親は心配です。
匠は慎重で優しい性格なのでしょう。

それにしても、あまり変化の感じられない圭太よりも、
すっかり今風パパの一徹の変化がすごい(笑)
徹志の見た目や性格も含めてパーフェクトファミリーですね。

一徹だったら、圭太のような失敗は絶対にしなかったでしょう。
おそらく、塩田も徹志がやりたくないといったら
あっさりとOKしそうな達観したところがありますね。

何にせよ、子供の教育は一筋縄ではいきませんし、
こうすればOKというものもありません。
子供それぞれ合わせていかなければならない難しさがあります。
圭太も希も、匠を通してそれを学んでいくのだと思います。

136話/まれ目次/138話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ