まれ 感想あらすじ 144話 コンクール出場を諦める希

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」9月12日放送、第24週144話の4コマ漫画と感想あらすじです。

143話/まれ目次/145話/まれ関連記事

スポンサーリンク

まれ 24週「女たちのジレンマムース」144話 あらすじ

昆布を使ったルセットも完成し、後はコンクールの日を待つばかり。
そんな希ですが、大変なことが起きてしまいます。
歩美たちの相撲大会の開催日が雨になり延期。
その日はなんと希のコンクールの日でした。

この日のために必死に頑張ってきた…。
希はどうすればいいのか迷っていました。
歩美と匠は希に大会に出ていいと言ってくれました。

子供たちの言葉もあり、希は大会に出る決意をしました。
次の朝、大会の準備をしようと店に行こうとする希。
しかし、洗面所で泣いている歩美を匠と徹志が
慰めているところを見てしまいます。

歩美は希が相撲大会にこられない事をやはり
ショックを受けていたのでした。

歩美の本心を知ってしまった希はコンクールへの
出場を断念するのでした。
相撲大会は歩美が低学年の部で優勝という快挙でした。
笑顔で喜ぶ歩美に希はこれで良かったのだと思うのでした。

これからも二束のわらじは続く。
自分の仕事のせいで、娘を二度も泣かせていたら、
きっと一生後悔していた…そう思う希でした。

しかし、希が作った渾身のケーキはなんと沙耶が
勝手にコンクールに出していました。
もちろん、失格になってしまいましたが、ばれなければ
優勝だったと沙耶はいいます。

希の作った、昆布を混ぜた新しい味がとても評価されたのだといいます。
自分が出ていれば優勝だったという知る希はそのケーキを
「ドゥ・ヴィ」二つの人生、という名前をつけるのでした。

そして、希の店に突然池畑大悟がやってくるのでした。

スポンサーリンク

まれ 24週「女たちのジレンマムース」144話 概要

母親か仕事か。
希が選んだ選択は「母親」
子供を二度も泣かせた責任と、今しかない子供たちの
姿を選んだという事でしょうね。

コンクールならばまた出れる。けれども、小学一年生の
相撲大会は今しかない。

ここにも、子供と仕事を両立しようとする
女性ならではの葛藤が描かれています。

希にとって、これからもこういう出来事はたくさん訪れるでしょう。
子供たちが大きくなれば、理解も進むでしょう。
今しかないからこそ希は子供たちの今を大事にしたのだと思います。

そして希が葛藤して作り上げたケーキは評価されました。
それだけで希は十分だと思います。
「優勝」という実績はつかないけれど、本当は優勝だった。
その事実だけでも、希はパティシエとして自信を持って
前に進めるのだと思います。

まれ 24週「女たちのジレンマムース」144話 感想

希がパエィシエとしての自信が戻ってきた回となりました。
お袋の味として昆布を使ったケーキは皆に認められる味となりました。
この味こそは陶子だったら作れなかった味でしょう。
希が子育てを経験したからこそ思いついた味。
この部分が希にとっての自信につながったのだと思います。

そして沙耶はナイス判断ですね。
いろんな意味で使える子です(笑)
基礎的な部分で嗅覚があるというか頭のいい子っぽい。
笑顔でさらりと希を超えていきそうな器を感じます。

キャリアをとるか、子育てを取るか、本当に難しい問題なんですが
仕事も家庭もとるのが自分だと思ったのなら希の選択は
正しかったのだと思います。
後悔が残りそうだと思ったという希の気持ちはよくわかります。

本当は幸せに暮らせる事が一番だと思うので、
そういった意味でも希の選択は良かったのだと思いますね。

143話/まれ目次/145話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ