まれ 感想あらすじ 154話 結婚披露宴開催決定!希は土のもん

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」9月24日放送、第26週154話の4コマ漫画と感想あらすじです。
153話/まれ目次/155話/まれ関連記事

スポンサーリンク

まれ 26週「希空ウェディングケーキ」154話 あらすじ

能登へ帰ってきた希を迎えたのは、匠と歩実が作ったケーキでした。
思いがけない子供たちのケーキに感激する希。
そして、元治がある提案をするのでした。
それはずっと行ってこなかった希と圭太の「結婚披露宴」を開くことでした。
その日は、8月10日。
希と歩実、匠の誕生日でもあるその日に、祭りと称して
行おうと言うものでした。

その日は徹の誕生日でもありましたが、
徹の名を出す人はもういませんでした。
かつて、家族で誓い合った丘に匠と歩実を連れてきた希は
もう二度と父とは会えないのかもしれないと思うのでした。

一方、一徹は希の店のホームページを更新していました。
ホームページにはコンクールの結果を知ったファンたちの
書きこみが相次いでいましたが、そこには貝殻おじさんと
名乗った人物の書きこみがありませんでした。

一徹はコンクールに出したケーキを掲載するとともに、
8月10日に希と圭太の結婚披露宴も行うことを書きこむのでした。

希の店に一子がやってきました。
自分が書いた希の記事を評判がいいと伝えに来たのでした。
希と一子は二人で昔はよく行っていた櫓に行きます。
そこで一子は昔の自分の言葉をだし、東京へ行ってみて、
東京の人たちは皆、故郷から出てきた土のもんだったと。
希と一子はこの時初めてお互いをわかりあうのでした。

スポンサーリンク

まれ 26週「希空ウェディングケーキ」154話 概要

エンディングに向かって布石が打たれていきます。
8月10日は特別な日。
希の誕生日とそして子供たちの誕生日でもあります。
そして、徹の誕生日も。
一年で一番大切な日かもしれません。

その記念すべき日に、さらに記念が加わります。
結婚披露宴です。
思えば希と圭太は遠距離結婚をし、籍を入れただけ、
そのうちに子供もできてしまい、バタバタのまま
9年が経ってしまいました。

けじめをつけるという意味でも、エンディングに
相応しいという意味でも、希のウェディングドレス姿を
ここで見せるのは必要なことでしょうね。

そして希も一つの区切りとして、もう徹のことは
諦めようと決意をしたのかもしれません。
もう二度と会えないのだという覚悟を、
かつて家族で誓い合った丘でしたのかもしれません。

しかし、貝殻おじさんのコメントはなくても、
ホームページは見ているかもしれないと踏んだ一徹は
希と圭太の結婚披露宴の記事を更新します。
何か変化があるかもしれない。もしかしたらもう一度
コメントが来るかもしれない。
そういう一徹の淡い期待も見て取ますね。

まれ 26週「希空ウェディングケーキ」154話 感想

※放送後に追記します。

153話/まれ目次/155話/まれ関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ