まれ 15話 感想 ロールケーキ甲子園へ向けて!前編

まれ 15話 感想 4コマ漫画

こんにちは!星野です。
娘っ子はもう宿題が出るようになっています。

スポンサーリンク


「まれ」第3週第15話の4コマ漫画です。
連続で洋一郎ネタですが、ネタに使いやすい彼です(笑)
まれがロールケーキ甲子園の為にいろいろあがきます。
夢にむかってじたばたするまれたちが
とても眩しい回となりました。
14話/まれ目次/16話

まれと一子、一致団結して夢に向かう


夢か、堅実な公務員か。
揺れるまれの心にロールケーキ甲子園のお知らせ。

まれはやってみる!と出場を決意します。
どうせならうちと一緒に東京にすればよかったのに~と一子。
交通費がかかるから無理だというまれ。
金沢なら自転車でいけるから、と。

輪島から金沢まで自転車で行こうとするまれすごい!

金沢まで行ってるから、うちのトラックに
乗っていけばいいと洋太郎。
夢嫌いだったまれのチャレンジは応援すると嬉しそうな洋一郎。
それならうちも乗せてって、と一子。
二人とも親に内緒だから同じ日にして、親には
金沢に遊びに行くことにする、と一子。

微妙な表情の洋一郎に一子はうちのことも
応援してくれ、と言います。
応援してる……と口では言いますが、
そっぽを向いてしまう洋一郎。

せっかく東京行きがダメになったというのに、
一子はまた東京を目指してしまいます。
また一子が離れてしまうことに、
洋一郎はショックを隠せないようです。
告白してほしい(笑)

まれちゃんはなして親に内緒なんけ?とみのり
まれは藍子の言った言葉が頭をよぎります。
お互い頑張らんけ!と一子とまれは一致団結するのでした。

ロールケーキ甲子園への試作のお金がない!


コンテスト出場を決めたのはいいけども、
まれにはお金がありません。
試作の為の材料費が足りないようです。

藍子は電卓をたたいています。
は~厳しいな~…とため息をつきます。
そこへまれはバイト代をもってやってきます。

本当はこのバイト代を自分の試作費に充てるつもりで、
使っていいか話すつもりだった感じですよね。
ところがいつも通りバイト代を家計に入れてくれると
思っている藍子は、ありがとう~と言います。
塩田が終わって節約の冬がやってくるから、と。
おかあさんも内職決めてきたけど、頑張らな!と藍子。

言いたい言葉を飲み込んで、まれはバイト代を藍子に渡します。
藍子の空気で家計が苦しいのを読み取ったのでしょうね。

スポンサーリンク


博之と弥太郎の確執


勝手にこんなところに住み込んで、と
博之が掃除をしている圭太に言います。
どうやらあれからずっと弥太郎の家に居る様子。
学校は休学扱いにしてもらったという博之。
漆職人に学歴は必要ない、という圭太。

上へ上がったらどうや、という弥太郎にこのうちの
敷居は絶対にまたがんと決めていますさけ、と博之はいいます。
どうやら博之は弥太郎の事をあまりよく思ってない様子です。
漆職人の息子に生まれたのに、役所務めですしね。
何かあったんでしょうね。

博之は圭太に昔はバブルで輪島塗も売れていたけど、
今は斜陽産業だ、と言い切ります。
輪島塗は輪島の伝統工芸だ、と圭太は強く言い返します。
とにかく、高校だけは出ろ、という博之に圭太は
そんな時間があったら一秒でも漆に触っていたい、
と言い放って去っていきます。

親子の確執に何も言わない弥太郎。
博之と弥太郎、どうやら絶縁にも近い状態のようですね。

一徹の言葉にまれがひらめく


ロールケーキのレシピを描いているところに、
辞書を借りに一徹がやってきます。
いきなりの登場にまれは描いていたものを隠しますが、
一徹にロールケーキ甲子園のチラシを見られてしまいます。

出るのかときく一徹にまれはお母さんには内緒にして、
と言います。
頑張れと言って去っていく一徹にまれは試作品の味見して、
と言います。
味見け!と嬉しそうに座る一徹だが、出されたケーキは
布や紙で作られたロールケーキでした。

「は?」と一徹。

材料が高いからイメージで試作しているというまれ。
うまい!という一徹にまれは「ホントけ!」
嘘に決まっとるやろと一徹。本物じゃないのに
味なんかわからないという一徹。

材料買えないし、とまれ。
いつも作ってるという一徹にあれは節約おやつや。
とまれは言います。

「それじゃだめなんけ?」

やすい材料で工夫して作るのが姉ちゃんのケーキなんじゃないかと。
一徹の言葉に何かをきづくまれ。
ありがとう~!と一徹に抱きつきます。

「貧乏家族」
ロールケーキの絵を一子とみのりに見せるまれ。
お金をかけずにお母さんが家族に作ってあげられる
ケーキにするというまれ。
発想はいいけど、タイトルはもう少し考えたほうがいいという一子。

海辺でケーキに使う材料を見て、イメージを固めているまれ。
レシピも完成させていきます。
試食をするみのりと一子。
どうけ?とまれが食いつきます。
うまいけど、もう少しケーキっぽくしたらいいんやけ?と一子。
試行錯誤しているまれを自転車で通りかかった圭太が見ていました。
15話後編はコチラ/14話/まれ目次/16話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ