まれ 19話 感想 桶作夫婦の息子の帰宅 前編

まれ 19話 4コマ漫画 感想

こんにちは!星野です。
雨ばかりで洗濯物はいつも乾燥機になっています。
布団が干せなくて弟くんの布団エリアが
しっとりしてきました…。

スポンサーリンク


「まれ」第4週第19話の4コマ漫画です。
元治がまれのいい祖父っぷりを発揮していたので
元治ネタにしてみました。
まれの輪島市役所での仕事が始まります。
そして桶作元治、文夫婦の息子が能登に帰ってきます。
まれが仕事で奮闘する姿が初々しくて
朝からすがすがしい気分になりますね。
そして、桶作夫婦の息子一家の帰ってきた理由は?
18話/まれ目次/20話

まれ 19話 感想とあらすじ まれの輪島市役所での仕事が始まる!

2002年4月。
輪島市役所に就職したまれの仕事が始まります。
元気いっぱい自転車をこいで仕事場にやってくるまれ。

産業振興課で紺谷博之に紹介され、
緊張の面持ちであいさつをします。
まれが所属されたのは移住定住班という、
能登に移住してきた人をサポートする仕事です。

最近は都会よりも田舎の方が生活サポートが
充実してたりしますよね。
移住者を増やすための試みは今はたくさんありますが、
この時代ならまだこういうことをしている自治体は少なかったでしょう。

新しい職場にはりきるまれ。
まれ自身も移住者ですから、
移住者の気持ちはよくわかるでしょうね。

移住定住班の新谷浩介がまれの上司になる


市役所での仕事が始まって新谷浩介という上司ができるまれ。
市役所の備品がタダだということに感動するまれです笑。
はりきっているまれとは逆に新谷は二人しかいない
移住定住班がどんだけ期待されてないか話します。
こんな田舎に引っ越したい人なんているわけないという新谷。

電話係も新人の仕事だと言われて電話番もまかされるまれ。
つい、「津村です」と電話に出てしまいます。

こういう失敗ありますね、電話任される時(笑)。
失敗したことであせるまれをよそに電話の相手は
家の前にゴミがあるから何とかしてくれと言うのでした。
新谷とまれは自転車で呼び出された家に向かいます。

ああ、この電話の感じは市役所を便利屋だと思ってたり、
救急車を病院へのタクシー代わりに使ったりする問題児住人の匂いがします…。

スポンサーリンク


問題児村人、山田典子(京極ミズハ)登場


駆けつけると、住民たちも集まっています。
そこには女性が一人。たくさんの野菜が玄関に置かれています。

クールで冷たい話し方をする女性、山田典子が
けだるそうに玄関に座っていました。
玄関前にはとれたての野菜がたっぷり。
どうやら典子はこの野菜の事をゴミだと通報したようです。
獲れすぎた野菜をご近所に配るのは能登の風習だと
説明する浩介ですが、典子は何も言わずに
置いていくなんて非常識だといいます。

どうやら一筋縄ではいかない問題児のようです(笑)
一か月前に移住してきたという典子は服装も、
派手なジプシーのような変わった格好。

少しは地元に溶け込む努力をしてもらわないと、と浩介は言います。
京極ミズハという芸名を持つその女性。芸能人か何かなのでしょうか。
まれは自分も移住者であることを伝え、能登の魅力を典子に話します。

「だったらあんたがご近所付き合いしてよ」

典子はクールに返します。
典子は何でもサポートするからという言葉を聞いて、
過疎の村にきてやったと言います。
その言い方に村人たちもちょっとお怒りの様子。

あくまで喧嘩を売る雰囲気を崩さない典子。
きっと都会で何かあったんだろうな~。
「これ捨てといて」と言って家に入ろうとする典子。

まれはもったいない!と野菜の説明をし始めます。
これは漬物にするとおいしいんですよ!と
まれは嬉しそうに言います。
私、作りましょうか!?まれは戸惑う典子をよそに
家にどんどん侵入していきます。

まれの一生懸命すぎるところがまたもや発揮されました。
この一生懸命さがまれのいいところでもありますが、
真正面からぶつかりすぎて、最初はウザがられて
しまうところが欠点でもありますね。

徹は博之の弱点を探すが…


博之に怒られるまれ。失敗してしまいました…。

市役所ではおばちゃんに怒られながら
掃除の仕事をする徹がいました。

市長とおばちゃんがわきあいあいと話を
している姿を見て、徹は博之の弱点を聞きます。
博之の弱点はないというおばちゃん。
将来の市長候補だと言います。
その言葉に「そうですか…」とうなだれる徹でした。
そして徹は通りかかった浩介からまれの悪口を聞いてしまいます。

まれと徹の就職祝い


仕事で何かあったら俺にいうんだぞ、とまれを気遣う徹。
徹はまれにどこで仕事をしてるか明かしてません。

確かに、父として、子供の仕事場の清掃を
してる姿は確かに見られたくないかも…。

藍子はまれと徹の二人の給料が出るから楽しみだと言います。
勢いでもう一部屋借りちゃおうかという藍子。
自分の部屋が欲しいと騒ぐ一徹や夫婦の部屋が
欲しいという徹たちを遮って文が言います。
ここはお父さんと二人で静かに暮らす予定だったと文は笑顔です。

桶作夫婦がすごくいい味だしてますよね。
田中裕子と田中泯がまるで本当の夫婦のようにみえます。
余談ですが田中泯がテレビでインタビューを受けていた時に、
撮影中、田中裕子にすごく助けられていたと話していましたね。
とにかく、間とかタイミングとかすごくうまいそうです。
19話後編はコチラ/18話/まれ目次/20話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ