まれ 21話 哲也一家を思う文の気持ち 後編

「まれ」第4週第21話の感想とあらすじ後編です。

スポンサーリンク


桶作夫婦とのまるで家族のように過ごしてきた日々。
まれたちはついにその生活にピリオドを打ってしまうのでしょうか。
そして京極ミズハとはうまくやっていけるのでしょうか。
市役所でのまれの奮闘も続きます。
21話前編はコチラ/20話/まれ目次/22話

京極ミズハのコンサートに協力することになるまれ


市役所でまれは浩介に今日、京極ミズハ
(青田典子)がやってくると言います。
コンサートの件です。
また安請け合いするなと浩介に注意されるまれ。
まれは出来る限り協力したいと思っていると言います。

その時、徹の仕事仲間でもある掃除のおばちゃん
(若林キミ子)がまれに声をかけます。
おばちゃんはまれにこんな祭りがあると一枚のポスターを見せます。
そのお祭りのステージにミズハを出したらどうかというのです。

まれはそれにひらめきます。
何気にポスターの漁師は洋一郎なんですね(笑)

足を踏み入れすぎないことを約束して、
まれはミズハのコンサートを市役所で手伝う事にします。
このコンサートがきっかけで、京極ミズハが
輪島になじむかもしれない。
まれはそう思っていました。

ミズハがやってきて、まれはお祭りの
ステージで歌うことを提案します。
ミズハはそれを受け入れますが、
準備も任せようとします。

まれはお任せじゃなくて、一緒に作っていくんです、
とミズハに言います。
市役所ができることは限られている、
あくまで協力だとまれは強く言います。

それならば、まれが個人的に手伝ってとさらりというミズハ。
ステージは和のテイストにしたいから、
この間持ってきた桜もちを出してほしいとミズハは言います。
じゃ、よろしく~と言って去ってしまうミズハでした。

もう作ってやれとあきれ顔でいう浩介。
あの桜もちの作り方を文に聞くのはきついと思うまれでした。

スポンサーリンク


文と元治の気持ちを察するまれ


夜、食事の量が少ないことにまれは驚きます。
哲也一家は帰ったと文は言います。
文さん見送りもしなかったと藍子。
あのまま別れてしまってもいいのかとまれが文に言います。
塩田の方が大事だという文。
能登には永遠に帰ってこんだろと文はさらりと言います。

夜、まれが自己流の桜もちを作っていました。
できあがったものを試食の為に部屋に持っていこうとするまれ。

そこへ、文と元治がアルバムを見ている姿を発見してしまいます。
なつかしそうにアルバムを眺める文。
昔はなしに花が咲いています。

そこには仲が良さそうな哲也と元治、
文たちの家族写真がありました。
文が話しているのを嬉しそうに見ている元治。

「なんでも…片付けてしまわんでも…」元治が言います。

どうやら、文は哲也の子供時代の思い出を
すべて封印するつもりのようでした。
友美と麻美にもかわいそうなことをしてしまったという文。
さみしそうにほほ笑む文に元治が肩に手を添えます。

その姿をまれはいたたまれない気持ちで見つめるのでした。

これはつらい…。
文の気持ちが痛いほど伝わってくるワンシーン。
田中裕子さんの演技が光りますね。
さみしいような、申し訳ないような…
複雑な心境をうまく演じています。
そして、元治という役はセリフが少なく、
間とか雰囲気で語ることが多いのですが、
それも田中泯さんがうまく表現しています。
同じ田中ですし、本当の夫婦のようにお似合いのカップルですね。

8人目のチェックアウト。津村一家は出ていく!?

部屋に戻ると、藍子と徹が子供時代の写真を見ていました。
わきあいあいと昔の写真で盛り上がってる徹と
藍子はすごく仲が良さそうです。
本当に徹と藍子は元に戻ったんですね。

文の姿を見てきたまれは、いたたまれなくなって藍子や徹に言います。

お母さんがいうとおりやね。
ここにいたほうがいいのはうちらじゃない、と。

長い間、家族のように暮らしていた津村家と桶作家でしたが、
ついに出ていくことを決意するのでした。

「8人目のチェックアウトか…」

徹がしみじみというのでした。

21話感想まとめ


まれたちがついに桶作家から出ていく決意をするようです。
実際に塩田をつぶすのかつぶさないのかは
桶作一家の問題として手を出さず、でも、実際に
ここに住む資格があるのは哲也一家だということですね。

お金に困ると人間すさみますからね。それが夫婦だと、
子供にもイライラが伝わってきてしまいます。
気のいい桶作家の血を引いているのに、
あんな孫娘になってしまったのは、ひとえに
哲也たち親の責任だろうなあと思います。
そう思えば、まれたちがぐれずにまともに育ったのは、
藍子の愛情のおかげでしょうね。

本日も読んでくれてありがとうございました!
文、本当にあのまま別れてしまっていいんでしょうか。
結末が気になります。
できれば、文のいい笑顔が見たいですね。
21話前編はコチラ/20話/まれ目次/22話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ