まれ 25話 感想とあらすじ 能登体験ツアー!輪島塗に近づく安西 前編

まれ 25話 感想 あらすじ
こんにちは!星野です。
2歳の弟くんは録画のまれをよく指さします。
きっと、ケーキの画像に反応しているのだと思います(笑)

スポンサーリンク


まれ第5週第25話の4コマ漫画です。
ひさびさにまれ、一子、みのりの3人娘が
そろったので、女の子ネタにしてみました。
まれ企画の能登体験ツアー開催!
ツアーは大成功でしたが、輪島塗に近づく
安西には不穏な空気が…。
24話/まれ目次/26話

まれ25話 感想とあらすじ まれ企画の能登体験ツアー


市役所で元気に働くまれは能登の移住者を
増やそうと体験ツアーを企画しました。
その企画がテレビで取り上げられ、
まれたちはツアーの様子を取材されます。
民宿桶作に集まる外浦村のメンツ。

能登移住の先駆けとして、インタビューを受ける津村一家。
まるで立派に能登でずっと頑張ってきたと
いわんばかりの徹の発言(笑)
夜逃げの事をばらしてしまう藍子。
津村家はいつも通りです。

文も元治もテレビということで、
緊張している姿が微笑ましいですね。
リポーターの篠山巻信(マッキー)が
やたらとマッキーをアピール(笑)
背後でははるや浩一、マキがサロンはるをアピール。
テレビに映るということで、みんな浮き足立って
舞い上がっている姿がなかなか笑えたシーンでした。

能登移住希望者をもてなすまれたち


放送の夜、民宿桶作で能登移住見学者である、
山中道夫、高槻賢治、岡野亜美、安西隼人の4人と
一緒に食卓を囲むまれたち。
能登で取れた食材をつかった料理をふるまっています。

藍子が移住の理由を聞くと、
それぞれが理由を話してくれます。
高槻賢治のデイトレードという言葉に反応する徹と一徹。

徹はともかく、一徹が意外なほどのめりこんで
興味を示しています。
データをとって、分析することが好きな一徹は、
デイトレード、株式取引にそもそも興味があったっぽい雰囲気。
確かに一徹には向いてそうですが、
なにせリスクもある株式取引。
なんか一発痛い目を見そうな予感がします…。
何せ、一徹も徹の血を引いていますからね。

最後の安西隼人は人生に疲れてしまってきたといいます。
人付き合いも苦手で要領も悪いから
人生うまくいってなくて、とダメ男をアピールします。
能登へきてほっとしたと安西は言います。

むかしから能登は流れ着く地だと元治は言いました。
海に向かって開けているから、昔は流れ着いた人は
神様が来たと言っていたと文もそれに続きます。

まれは能登を気にいったという安西に
ぜひ来てくださいと嬉しそうに言います。
その後、わきあいあいとしたムードのなか
一子とまれはみなの前でダンスを披露するのでした。

この安西という男、この時からなんとなく怪しさを感じます。
ダメ人間とアピールするわりには、ハキハキと
明瞭にしゃべるし、礼儀もわきまえてるし
とてもできない男には見えないんですよね。
この予感はラストに当たりました。

スポンサーリンク


圭太と一子の進展を聞くみのり


宴の片付けをしているまれと一子とみのり。
携帯の電波が届かないと携帯をふりまわす一子に、
みのりは裏に貼られたプリクラにきづきます。

圭太ととったというプリクラを見るみのり。
思わず、まれもチェックをしてしまいます。
そこには楽しそうに映っている一子と圭太の姿が。

やっぱり多少なりのショックを受けてる様子のまれ。
その時みのりは一子に圭太とどこまで進んだか確認するのでした。

「あのね、一子ちゃん。もう…したんけ?」
みのりがおもむろに一子に聞きます。

「なにを?」
と一子ではなくまれが言います。

「…キス?」

その言葉に一子は「どうかな~?」とごまかします。
ごまかす一子を追いかけて問い詰めるみのり。
意外とみのりはこういう話題好きですね(笑)
ごまかしながらその場を逃げる一子。
一子と圭太がきちんとつきあっていることを
目の当たりにするまれは、何か呆然とした気持ちになるのでした。

まれはやっぱりショックを受けていますよね。
圭太の心が離れてしまったことを。
けれども、あの一子の返事からして、
そこまで進展はなさそうな感じ。
もしあったら、一子ならばノリノリで
報告してきそうですしね。
あのプリクラもきっと一子が撮りたいといってとったでしょうし。
圭太とつきあっているはずの一子ですが、
進展がない状況に、本当に好かれているのか、
不安を感じる頃かもしれません。
そんな圭太に洋一郎が詰め寄ります。
25話後編はコチラ/24話/まれ目次/26話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ