まれ 26話 4コマ漫画 感想あらすじ みのりに本心を告白する 前編

まれ 26話 感想 あらすじ
こんにちは!星野です。
今日も暑くなりそうです。東京も十分夏日です。

スポンサーリンク


「まれ」第5週第26話の4コマ漫画です。
みのりがいい味出しているので、今回も華やかに女の子ネタです。
安西の本当の目的が明らかになります。
これはまれも圭太もピンチ!
そして、まれはみのりに心を見透かされていました。
25話/まれ目次/27話

まれ 26話 感想とあらすじ 順調に能登移住者が増えるが…!

能登体験ツアーでやってきた安西隼人に
漆のいろはを教えている圭太。
詳細に工程や知識を一生懸命教える圭太にそれをメモする安西。

どう考えてもデータをとっているように見えます…。
まれも一生懸命それをサポートし、
能登移住者が増えていくのでした。
まれの企画は順調に見えましたが…。

デイトレードに目覚める一徹


夕食時、まれたちが食事を囲んでいると、
大きな荷物を抱えて一徹が帰ってきます。
それは中古で買ったというパソコンでした。
能登移住者のデイトレードの話を聞いて、
一徹も欲しくなってしまったのだと言います。

パソコンが液晶ではなくブラウン管なのが
時代を感じさせます(笑)
一徹は本格的にインターネットを使った投資、
デイトレードに目覚めたようです。

パソコンに思いっきり食いつく徹(笑)
何かおもしろそうなものには目がない
徹の性格がよくわかりますね。

まれも藍子もデイトレについて
よくわかってないせいか笑顔です。
ちょっと怖いですよね、一徹、
何かやらかしてしまう可能性も見えてきました。

でっかい夢再び!?徹がよからぬことを…


まれと一緒に自転車をこいで輪島市役所にやってきた徹。
ごきげんでトイレ掃除をしています。
キミ子に何をたくらんでる!?と見透かされます。

ちょっと忘れてたものを思い出したという徹。
東京でビジネスなんて古い、
時代は地方だとはりきっている徹です。
その姿に不吉な予感を感じるキミ子でした。

また徹がよからぬことを考えて、
失敗しそうな予感がしますね。
せっかく地道に働いているのに…!
一徹に触発されてしまったようです。

スポンサーリンク


安西に漆についてのいろはを教える圭太


圭太は一生懸命安西に漆について話しています。
それは漆職人しか知らない裏情報まで。

そこへ修がやってきます。
本気で漆職人になるつもりですか?と安西に言います。

「給料やっすいですよ」と不満そうに言います。

お金の問題じゃない、と圭太はすぐに言い返します。
修、いろいろと不満を持ってそうですね。
この間もパチンコばっかり、と同じ職人仲間に
ばらされていましたし。

そこへなぜか修の携帯がなります。
それは一子からの電話でした。
おそらく、圭太にいくら電話しても通じなかったため、
修に電話したのでしょうね。
こういう所からも、圭太と一子の現在の状況が伺えます。
きっと一子は不安に思っているでしょうね…。
一方、圭太はどう考えても一子より漆をとっている様子。
電話は今夜、高志が帰ってくるという連絡でした。

久しぶりにあつまる6人!高志のミニコンサート


サロンはるで夜、高志がミニコンサートを開いていました。
久しぶりに集まる、まれ、みのり、一子、圭太、洋一郎、高志のメンバー。
熱唱する高志。東京へ行ってすっかりあか抜けた印象です。
東京で順調に夢に向かっている高志を一子は複雑な目で見ていました。

その後、みんなで今やっていることをそれぞれ話します。
まれは能登に住みたいという人をサポートしていると話します。
今も漆職人になりたいという人を圭太に
協力してもらっているとまれは言います。

「ほうなん?」一子は意外そうな顔。
圭太の顔を一瞥します。

おそらく、知らなかったのでしょうね。
こんな部分からも、一子があまり圭太との交流を
持てないでいる様子がわかります。
一子の一方通行な気持ちが見て取れますよね。

さすが塗師屋の孫とはやしたてるみのりに圭太はやめてくれといいます。
単なる漆職人やという圭太。
半年たっても漆をぬらしてもらってないと
圭太は半分愚痴のようにこぼします。
孫だから、わざと厳しくしてるんじゃないかと。
雑用ばっかしで。そういう人なんやと。
圭太もいろいろと焦ってるみたいですね。

一子は美容学校通ってるという事を聞いて、
高志は東京はどうしたのか?と聞いたようでした。
相変わらずみのりが通訳をしています(笑)
今はオーディションを選んでいる最中だと空元気のように言います。
その姿に何かを感じる洋一郎と小原マキ。
どう考えても一子が変であることを気づいていました。
26話後編はコチラ/25話/まれ目次/27話

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ