一子がホステスで働いているキャバクラ店「Belle de jour」の場所はどこ?

belledejour

こんにちは!星野です。
7月8日のNHK朝ドラ「まれ」は東京のキャバクラで
働いている一子が描かれていました。

その店に偶然、洋一郎が来て、その姿を見られてしまう
という一子にとってはショックな出来事が。

一子が働いているキャバクラ店には店の名前と思われる
「Belle de jour」の文字が。
このキャバクラ店は存在するのでしょうか?
まれ目次/まれ関連記事/まれ視聴率

スポンサーリンク

キャバクラ「Belle de jour」はどこの店?

調べてみたところ、キャバクラとしてのBelle de jourは
存在していない様子です。
その名前で存在しているのは、もっと怪しいお店ばかり。
このご時世、HPもブログも存在しない店というのは
なかなかないと思うので、キャバクラ「Belle de jour」
は架空のお店であると思われます。
※外の風景として使われているのは吉祥寺周辺の雑居ビルが
使われています。

といっても、あのワンシーンをとるためだけに
あのお店すべてがセットとは思えないので、違う名前で
存在しているかもしれません。

まあ、一子がホステスをやっている描写があまりいい感じに
描かれてないので、本当に存在していたら、イメージダウンに
なってしまいますしね。

スポンサーリンク

「Belle de jour」はどういう意味?

逆に「Belle de jour」という意味について調べてみました。
「Belle de jour」とう名前を架空としてもつけた背景には
何か意味があると思われます。

「Belle de jour」というのはフランス語で「昼顔」という
意味なのだそうです。
(「三色朝顔」「日中の美女」「昼間に稼ぐ娼婦」)
そう、「昼顔」です。
フジテレビでのドラマでも大ヒットした、別の顔を持つ女の事。

kakuteru
引用:http://www.wingbay-otaru.co.jp/shop/attachment/10341_H84KWRuw04mxS3o.jpg

もとは1967年のフランス映画であり、幸せな家庭を持っている女性が
高級娼婦として働くことになるという内容。
この映画からおそらくドラマの「昼顔」も構想を得ていると思われます。

二つの顔を持っている、裏の顔を隠している、という意味でも
一子も「昼顔」を持っているといえますね。
本当は、夜の仕事をしているのに、ブログにはアパレルで
活躍している自分を演じている。
まさしく夜と昼と別人の一子。

そんな意味も込めて、架空の店「Belle de jour」は
こんな名前になったのではないかと思います。

この昼顔の状態から一子を救い出すのは
洋一郎であってほしいと個人的には思いますね。
引用:http://www.krsjrproductions.com/belledejour-1995criterionlaserdisc.JPG

まれ目次/まれ関連記事/まれ視聴率

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ