NHK朝ドラ まれ 視聴率 15週の考察と感想

noto

NHK朝ドラ「まれ」視聴率 第15週

スポンサーリンク

こんにちは!星野です。
15週「下剋上駄菓子ケーキ」の視聴率データが
でたようなので、考察記事を書いてみようと思います!
まれ漫画目次/まれ関連記事/まれ視聴率

朝ドラ まれ 第15週の視聴率は?

第15週の視聴率は19.1%という発表です。
先週の14週の視聴率が18.8%ということですから、
少し回復傾向にありますね。

20%の大台には乗らなくても、19%という、
まずまずの数値になりました。

以前にも書いた通り、「まれ」は原作のない
現代劇であり、どうしても歴史ものを扱った
朝ドラよりは視聴率は伸びない傾向があります。

これは「まれ」が面白い、つまらない、ということより、
オリジナルストーリーの現代劇を扱うことによって
朝ドラのターゲット層である年配層の視聴率が
とれないからだと思われます。

ですので、まれに関しては、だいたい、19%台を
維持できていれば上々だと思っています。

前回18%まで落ちてしまったのは、13週のまれと圭太の
恋愛成就で盛り上がった反動であると思われます。

そこから仕切り直しにストーリーが始まった15週は
一子の状況も描写され、先が気になる展開になったことが
視聴率があがった要因ではないかと思います。

スポンサーリンク

今後の視聴率は伸びる傾向に?

yamashita

一子とまれとの確執が露わになり始めた15週。
おそらく、16週にかけて、視聴率は伸びると思われます。
一子の先が気になりますし、まれとの対決らしい対決が
描かれるからですね。

やはり、大悟と  のテレビ対決もそうですが、
バトル(対決)ものは盛り上がります。
ましてや、ずっと恋のライバルとして存在していた
一子とまれとの確執や対決。

だいたい、視聴率が18%台まで落ちる週は、
まれがメインではないストーリーか、物語の
事後処理的な週である場合です。
目新しい要素がない時ですね。

一徹とみのりが結婚した時はメインはまれでは
ありませんでしたし、まれと圭太の結婚は
もうカップルになってしまった時点で展開が
わかりきってしまった内容だったといえます。

やはり、先がわからない展開がある週は視聴率が
伸びる傾向があると思います。

まれ自身の恋愛の盛り上がりは今後はないでしょうが、
一子と洋一郎の行方や、圭太とまれが同居になったり
したら、また新たな盛り上がりが期待できるのではないでしょうか。

とりあえず、まれのパティシエのライバルが
早く出てきてほしいものです。
そうしたら、もっと盛り上がると思いますが、
今のまったりとした「まれ」らしさは消えてしまうかもですね。
まれ漫画目次/まれ関連記事/まれ視聴率

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ